摂理

暴力は怖くて、我慢する人は嬉しい。


 

昨日、帰り道の夜の駅構内で、悲鳴が聞こえました。

見ると、男の人が男の人の首をつかんで、揉めていました。

片方は怒鳴って、ひどく憤って多くの人に囲まれながらも、相手の首を掴んで
線路の方に相手の首を持って行って、電車がすぐ横を通るのですごく危なかったです。

首を掴まれている人は、なんとなく諦めたような顔で、心がどうにでもなれというような表情で
それも見ていて、怖かったです。

女の人が悲鳴をあげ、叫びながらその暴力を止めようとしていました。

私は反対の電車に乗って、その場をあとにしましたが、
本当にこのような争いがなくなるように祈りました。

 

過去に暴力を受けたことはありますか?

 

とても痛いです。痛いだけでなく、怖いです。

どうしたらいいのかわからなくなります。

暴力をうけることで必死になります。

終わったあとは、体にも傷がつき、心にも傷がつきます。

 

暴力をふるったことはありますか?

 

その時は、もう自分自身を制御できなくて、頭がいっぱいになります。

どうしてだ!なんでだ!いろんな気持ちが噴火して、自分でもよくわかりません。

気持ちが収まらないから勝ってに手が出て、足が出て、言葉が出ます。

 

でも終わったあと、ひどく心が冷静になります。

とどまらない時は、まだ憎しみが湧いてきます。

でも、大半は、どうしてやってしまったのだろうと、後悔します。

私は受ける側になったこともあるし、する側になったことは、あまりなかったかもしれませんが、
憎しみがどばー!!と出てきて、自分では抑えられない憤りを感じたことは何回もあります。

 

暴力を見たことは何度かありました。

それを見る度に抑えきれない、何か、留めたい衝動にかられます。

また、家族でそうなったときには、昨日女の人が止めようと悲鳴をあげ、叫んでいたように
私も叫んだことがあります。

争いが怖いです。

 

私は最近業務が変わってから、クレーム対応がとても多いです。

争いに発展するしかない事情がたくさんあるから、相手と争いたくなくても争いに発展しそうな状況が多くあります。私たちはどうすることもできないので、謝るばかりです。

私は人一倍争いが嫌いなので、できれば争いたくない。

なんとか留めたい。そう思います。でも、私もついカッとなることも生じてしまうことがあります。

反省です。自分の立場しか考えていなかったから。

 

先生もこんなふうに話していました。

 

人生を生きて行く時、平和なことよりは不満なことがうんと多いものです。

不満なことでも平和を作り出して行く時のみ、その人生が平和の運命に変わります。

しかし、平和なことでも自分の性格上不満を持って生きていったら、結局、平和な運命が不満の運命に変わり、

辛い目に遭い、害を受け、憎しみと争いと戦争に変わってしまいます。

だからどんなに不満なことがあっても、笑って、愛して、平和を作り出さなければなりません。

空がどんよりしていると雨が降り出し、ぬかるみになって、いい日の行事ができないように、

人間も顔をしかめたら、夕立が降る日のようで、その運命が変わって、

いい日が来かけていたのに消えてしまい、災いばかり降りかかって来ます。

誰でもどんな理由を問わず、耐え忍んでどんどん平和を作り出す時のみ、自分が嬉しく楽しくなります。

 

誰でもみんな、平和を願っています。

 

でも、自分にとって良くないこと、うまくいかないこと、思い通りにいかないことがあると、
不平不満が出て、憤りが出て、争うようになります。

どんなに不満なことが多くても、平和をつくり出してい行く道。その人生が平和の運命にする。

辛くても大変でも、我慢しよう。
そうしたら本当にみんなが願っている「平和」が実現するはず。

<我慢する人>がうれしい。<我慢する人>は善の喜びと興奮が続き、結局は得る。

(鄭明析先生の御言葉より)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪麦わらさん専用LINEも作ってみました。(友達追加が必要です)お問い合わせ・感想はLINEでもどうぞ![プロフィール詳細はこちら]