オヤビンとコブン

『なんで譬え話をするの?(それって重要?)』(14)


コブン
コブン
オヤビン見てくださいこれ!

まことに、はわたしをめぐり、悪を行う者の群れがわたしを囲んで、わたしの手と足を刺し貫いた。(詩篇22章16節)

オヤビン
オヤビン
あ、詩篇てダビデちゃんの詩やの。
コブン
コブン
すごくないですか!?
オヤビン
オヤビン
なにが?
コブン
コブン
犬がダビデを囲んで、刺し貫いたんですって!
オヤビン
オヤビン
「噛んだ」の見間違えやろ

まことに、はわたしをめぐり、悪を行う者の群れがわたしを囲んで、わたしの手と足を刺し貫いた。(詩篇22章16節)

オヤビン
オヤビン
なんで刺し貫くんや。誤字とちゃうか?
コブン
コブン
あとこれも!!

わたしはまた、くまばちをあなたの先につかわすであろう。これはヒビびと、カナンびと、およびヘテびとをあなたの前から追い払うであろう。(出エジプト記23章38節)

オヤビン
オヤビン
さすが神さん。くまばちで敵を追い払うとは、あっぱれあっぱれ。
コブン
コブン
オヤビン、信じるんですか!!
オヤビン
オヤビン
信じるかアホッ!!!!
麦わらさん
麦わらさん
そう!だから神様を信じない人が多いんです!!
コブン
コブン
麦さん!どういうことですかこれ!! 教えてください!
麦わらさん
麦わらさん
じゃあ、神様を正しく知る上で、今日はとっても大切なことを話しますね。
麦わらさん
麦わらさん
神様は「比喩」を使って話されるんです!
オヤビン
オヤビン
ああ?それが重要なんか?

譬え話(比喩)にまつわる聖句

麦わらさん
麦わらさん
実はとっても重要!

ただ読むだけなら、聖書は空想物語になってしまいます。

コブン
コブン
(!?)
コブン
コブン
・・・ぼく神様のこと信じています。でも聖書を読むと「これホントかな?」て思うことがあって・・・。
麦わらさん
麦わらさん
私も聖書って、文学作品なのかなって思ってたよ。でも先生の話を聞いてみたら、むしろ神様の偉大さがもっとわかったよ!
コブン
コブン
へえっ!!聞きたいです!
麦わらさん
麦わらさん
まずは答えとなる聖句から引いてみよう!

イエスはこれらのことをすべて、譬(たとえ)で群衆に語られた。譬によらないでは何事も彼らに語られなかった。 (マタイによる福音書13章34節)

オヤビン
オヤビン
不思議やな。なんで譬えるんや?
譬えるから余計にこんがらがるやないか。
麦わらさん
麦わらさん
そう、 でも”譬える”からもっと具体的に伝えたいことが伝えられるメリットがあります。さて、この聖句はどう思うかな?

しかし、わたしはであって、人ではない。人にそしられ、民に侮られる。 (詩篇22章6節)

オヤビン
オヤビン
だ、、、、

 

ダビデちゃんは虫だったのかッ!!?!!!(衝)

麦わらさん
麦わらさん
そこは信じちゃダメでしょッ!!!(笑)
コブン
コブン
なぜ虫!??(混乱)
麦わらさん
麦わらさん
落ち着いてコブンっ!
麦わらさん
麦わらさん
じゃあ、これを読んでみて!!

主は言われる、「にひとしいヤコブよ、イスラエルの人々よ、恐れてはならない。わたしはあなたを助ける。あなたをあがなう者はイスラエルの聖者である。 (イザヤ41章14節)

オヤビン
オヤビン
・・・・・・・。
コブン
コブン
・・・・・・・。
麦わらさん
麦わらさん
わかります?
コブン
コブン
つまり、これはヤコブのことを虫に譬えたってことですね。

つまり、さっきのダビデの話した「虫」というのは・・・

麦わらさん
麦わらさん
ダビデが神様の前に自分がなんでもない存在なんだとわかって、自分を虫に譬えたんですよ。
オヤビン
オヤビン
っっっっっビビったわ〜〜〜
麦わらさん
麦わらさん
(・・・・・笑)
麦わらさん
麦わらさん
虫と表現することで、どれほど弱い存在なのか、イメージつきやすくないですか?
コブン
コブン
たしかに。私は弱いって話すより、私は虫のようだと話したほうが、ちっぽけな感じが伝わってきます。
オヤビン
オヤビン
じゃあさっきの犬はなんや?
麦わらさん
麦わらさん
これも本物の犬ではなくて、「悪を行う者」。つまり当時ダビデを追い回していたサウルとその軍隊のことを指しています。
オヤビン
オヤビン
おうおう犬を冒涜するんか!?孤独の時だったワシの友人やで!!
麦わらさん
麦わらさん
(何があったんだ…^^;)いやいやそうではなくて^^;犬は今でこそペットにするほど人から愛されていますが、神様はより本質的に犬の習性を見て話したんです。
コブン
コブン
犬の習性・・・?
麦わらさん
麦わらさん
犬は吐いたものを食べる習性があって、聖書ではよく「汚らしい行いをする人」を差して譬えています。
コブン
コブン
そ、、そうだったんですね!!じゃあくまばちも、誰かを譬えたんですね?
麦わらさん
麦わらさん
聖書を読み進めていくと、ヒビびと、カナンびと、ヘテびとを追い払った本人が出てくるよ!
コブン
コブン
たしかカナンを制したのは、ヨシュアでしたね!!
麦わらさん
麦わらさん
ピンポーン!!
麦わらさん
麦わらさん
これも蜂の習性を見て神様が譬えたんだ!

蜂は「女王蜂を中心に組織的に行動する」習性があるんだけど、ヨシュアがまるで女王蜂の役割をして、ヨシュアを中心に組織した軍隊をくまばちとして譬えたんだ。

また蜂といえば「はちみつ」だけど、聖書の中で「御言葉」のことを「はちみつ」に喩えている箇所があるよ。(箴言24:13〜14

ヨシュアは神様の御言葉に従って戦ったから、蜂に譬えられたんだ。

麦わらさん
麦わらさん
このように神様は「万物の特性と合った比喩」を使っているんだよ。
コブン
コブン
さ、さすが神様・・・!!!
オヤビン
オヤビン
言わんとしていることは分かる。でも、もうちょっと分かりやすくてもいいんじゃないかのお〜〜〜〜 
麦わらさん
麦わらさん
ふふふ。そうですオヤビン!この分かりにくさも比喩を使う理由です!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


1 2 3
ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪[プロフィール詳細はこちら]

コメントを残す