信仰のもがき

「考え」がどれほど重要なのかについて

摂理に来るまで、自分がどんな「考え」で生きていたかなんて重要に思いませんでした。

考えたとおりに考えたし、こんな考えしてはいけない、と思うこともしてしまうこともありました。

だから自分って本当に嫌だな。汚いし、矛盾だらけだ、と思っていました。

摂理で、「ああ!本当に考えが人生を変えるほど大きいものなんだな!」と気づいてからは、気を付けるようになりました。

神経と考えは脳に直接的な影響を与えます。悪い考えをすれば、結局肉体が行うから人生が誤った方向に行きます。

それに伴って、霊の運命までその方向に行ってしまいます。全てが繋がっているのだと、分かるようになりました。

最近も仕事をする中で、
自分の「考え」に陥ったとき、ほんとうに気持ちが落ち込んだり、自信がなくなったりして、しょっちゅう泣きそうになりました。

自分の考えだと、ほんとうに「弱い」ということに気付かされました。

でも御言葉を聞くと、いつも気持ちが強くなりました。

そうだ、考えるときは「一つ」しか考えられない。

私がどの「考え」を選ぶのか?

神様の御言葉を考えたときに、気持ちも前向きになり、強くなりました。

考えが人間の「核心」です…!

考えが「ハンドル」です…!

考えを誤ったら、まるでセンターラインを超えて運転するみたいに、不安で、心配で、いつ事故に遭うかわかりません。

何も悪いことがなくても、環境がとても良くても「考え」だけで、力が抜けるときもあります。

それくらい考えの影響力は、すさまじいのです…。

ABOUT ME
麦わら
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪
もっと聞きたい方へ

もっと御言葉を聞いてみたい!

ここには載っていない話も聞いてみたい!

どうぞwelcom!

お気軽にお問い合わせくださいませ^^

お問い合わせ