日常

おじいちゃん、おばあちゃんに癒やされて 〜かけがえなのない存在〜


 

おじいちゃん、おばあちゃんの前で演奏する機会がありましたが、私の方がもっと癒やされて帰ってきました。

こう、どうしてか、おじいちゃん、おばあちゃんと対話すると、心がじ〜んとするのですね。

出会ったおじいちゃん、おばあちゃん、

もう自分の寿命はいくらも長くないということが分かるから、欲張ることをしないで、今生きていることに感謝し、ささやかな幸せを大切に大切に思って、明るく過ごしていらっしゃいました。

また、「若さ」に対してとても希望的に感じていらっしゃるんですよね。

私に対しても「まだまだこれからね」「まだなんでもできるわ!」と励ましてくださいました。

それで「そうだ、自分ももう27歳かあなんて、年寄りじみた感じで話してたけど、おじいちゃんおばあちゃんから見たら「まだまだ!」なんだな!

そう思いました^^笑

また、演奏を聞いてくださった方々は、どの方も「ありがとう」と、感謝の心をいつも表現してくださいました。

「来てくれてありがとう」「心から感謝します」

心がほっこりしました。

ああ、私はプロでもないし、ものすごく上手いわけでもないのに・・・

こんなに喜んでくれるんだなあ。

一人ひとりの笑顔が、私の力になりました。

おじいちゃん、おばあちゃん・・・様々な人生を歩んで、ときには愛し、ときには許し、ときには涙し、大変なことも困難なこともたくさん経験して、、、その心にどれほど多くの経緯が詰まっているでしょうか・・・。

今は大きなことを望まず、生きている一日一日を大切に想って感謝する姿に、私は心から抱きしめたくなるのでした。

腰も曲がって、背中も曲がって、歩けなくなって、目も開けなくなっても、小さなことにも感謝する一人ひとりに触れて、私が癒やされました。

オリンピックまでは生きなきゃね!

そう話して大笑いする姿。

かけがえのない、命だ。

永遠まで、永遠まで生きましょう。


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪[プロフィール詳細はこちら]

コメントを残す