味を読む

お祈りしたくない、疲れたなと思う時

Pocket

信仰を続けていると、山あり谷ありいろいろありますよね。

私はつい数日前まで気分がずし〜んと落ちていたのに、今日はけろっとしています。波がありますよね。

とくに一番つらい時は、お祈りすらしたくないと思います。疲れてしまって、お祈りよりもベッドにダイブしたい気持ち(笑)

私の場合、お祈りしたくないというのは、かなり究極的な状態の時です^^; もう、無気力状態に近いといいますか・・・

とりあえず寝よう、という状態に近いです(笑)

皆さんもそういう時ありますか?

私はお祈りしたくないという時ほど、とりあえず神様を呼ぶようにしています。「かみさま〜」「しゅよ〜」「せいれいさま〜」と一通り呼びます。

でもそうしていると、なぜか急に涙がボロボロ出て来ることもあります。すごく溜まっていて、辛い気持ちがどっとこみ上げてくることもあります。

呼ぶのも嫌だなと思うそこのあなた。

心の中でもいいから呼んでみてください(^o^)!!

私は辛い時や気持ちが落ち込むほど、マイナスな気持ちを一旦置いてしまいます。そしてひとまず「感謝します」を連呼します笑

そのあと、自分を励ましてあげることもあります。「そっか〜自分。疲れてしまったんだね」「大変だったね自分・・・」

そして天の前で正直に打ち明けます。「神様、今わたしすごく疲れています。なんだか祈るのも辛いです」

さあ!次に起こることはなんだったでしょうか?

 

①涙がボロボロ出て来る

②何かがこみ上げてくる

③気持ちが切り替わる

 

正解は・・・・

 

 

全部です!!笑

 

全部一気に押し寄せるということではありません笑

あるときは、すごく涙が出るし、あるときは何かがこみ上げてくるし、あるときは気持ちが切り替わります。

それ以外のときもあります。そうですね・・・たまには「はあ〜でもなあ」とネガティブが勝ってしまうこともあります^^;

そしてそのまま寝てしまって、体も心も重いままというときもあります。こういうときは翌日も気分が落ちていることも多いです。

 

次にやるのは、御言葉を読むことです。

でもただ闇雲に御言葉を読むだけでは集中できないときもあると思います。でもとりあえず読んでみるのもいいです!

私はよく読んでいる中で答えを見つけたり、メッセージがあったりして、なんだかんだ転換するきっかけになりました。

 

ああ、それでもダメなら・・・讃美はどうでしょう!?

 

讃美は流すだけでもいいですよ!讃美は不思議なんですが、自然と心を神様に向けさせてくれる力があります。

今日も少し気分が落ち込みそうになる瞬間があったのですが、心を入れ替えてとりあえず歌詞もわからないけどメロディだけ讃美しました。そしたら、不思議と気持ちが明るくなったんです。笑顔までつくってやりました(ぎゃふん)

あとはもう、お祈りと意気込んでやる感じはやめて、とりあえず独り言のように思っていることを口に出してしまうこともいいと思います。私は紙に文章として書くこともしますが、一番多いのは絵を描くことです!

絵を描いていると、心が落ち着くんですよね。気持ちが絵に表現されるから、自然と気持ちがやわらぐんです。また集中することで雑な考えをしないで済むので、結果的にはすっきりすることが多いです。

ちなみにこの方法はなんとなく、神様が私の昔からの性格を見て、対策としてGOサインを出してくださっているような感覚があります(笑)

性格上、絵で表現することがプラスに働くことを、神様が知っている感じがしているのです。結果的に絵を描いてマイナスのまま終わったことはありませんでした。ただ気持ちを素直に表現するだけなんですけど、不思議ですね・・・!

もしかしたら皆さんそれぞれ、気持ちを切り替える方法があるかもしれませんね!

お祈りしたくない、疲れたときは、何か1つ天に心が素直に向けるような実践をしてみてくださいね^^

 

追記:翌日届いた御言葉を聞いてみると、本当に神様が「あなたと通じたい」と思っていらっしゃるのを感じました。そして直々にわたしたち人間にコーチしてくださっていました^^ 祈りたくなくて、疲れている方へ、神様からのメッセージです!

絶対神神様と聖霊様と御子は、距離に関係なく、天の国においてもいつも人間を見ていらっしゃる。

そしてある時は「一人」に対して、通じようとして訪ねて来られる。

しかし「その人本人」が神様や聖霊様や御子が自分のそばに訪ねて来られたということを分からないから、そのまま行かれる。

だから神様と聖霊様の方から先に呼ぶからといって通じるのではない。

人間が「心の門」を開(あ)けてこそ通じる。

人間が心の戸を開けて、三位を呼んで、言うべきことを言いなさい。

そうすれば神様のほうはいつも開放されているので、いつでも通じるようになる。

聖霊も主も自分のところに訪ねて来て会うことは難しい。

聖霊と主が自分のところに来ても、分からないからだ。

だから自分が経緯と言うべきことをもって、聖霊と主を訪ねて行きなさい。そうすれば早い。

困っている方が訪ねて行くのだ。

光をつかむように、早く神様と聖霊様と主を訪ねて行きなさい。

(摂理の御言葉より)

光をつかむように、「わたしに訪ねてほしい!」と願っていらっしゃる、神様、聖霊様、御子主です^^

ブログランキング・にほんブログ村へ

メルマガ始めました♪★詳細はこちらから^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP