日常

桜吹雪に包まれて。桜が美しく、温かい春に癒される。


今日は午前中だけ出勤日。

仕事を終えたときには、ちょうどお昼過ぎでした。

温かい陽気でした。

今日は桜の見納めだと言われていたのもあって、たくさんの観光客で賑わっていました。

午後も用事はあったんですけど、どうしても桜が見たくなって

「ちょっと見ていってもいいですか?」と神様に尋ねてみることにしました。

すると「行こう」と、瞬間の感動があったので喜んで見に来ました笑

青い空。

温かい気候。

おだやかな海。

飛び回る鳥たち。

そして咲き乱れる桜。

あまりにも美しくて、感嘆しました。

 

神様、ほんとうに全てが美しいです。

海の表面に風が吹いて、キラキラと光りました。

さあーっと波が立つところに桜が吹雪いて、いっそう神秘的でした。

鳥たちが海でのんびりと心地よく浮かんでいました。

泳ぐ鳥たち

私は讃美をしました。

 

「む〜なしい〜こ〜の世〜で、主をしらなかったら〜〜」

 

もし知らなかったならば・・・

昔の私だったら、このような光景を見ながら、嬉しさと心地よさと同時に、きっと虚しさも感じていただろうなって。

その温かさ、美しさは永遠ではありません。

桜もほんのひと時しか咲かないように、吹雪いていく桜を見て、感嘆もするけれども、きっと切なさも感じていたと思います。

 

でも神様を知っている今は、虚しさはありません。

ただ、あふれる喜び。嬉しい気持ち。感謝する心でした。

 

満ち溢れるなんとも言葉にできない幸せのひと時。

心の底から癒やされました。

 

そうそう、桜並木を歩いていた時、風がびゅ〜〜っと吹いて桜がぶあ〜〜っと吹雪いていたのですが、

瞬間私の手のひらに1枚の桜が入ってきて、思いもよらず指で掴んでいました。

神様からのプレゼントだなあと思って、嬉しくなりました。

 

たまにはこういうひと時があると、気分も爽快。

神様ともっと近くなる休日になって、とても嬉しかったです。


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪[プロフィール詳細はこちら]