日常

新しいシャンプー、新しいリンス、新しい香り 


麦わらさん、夕方に空を見てふとたそがれていました。でも、雲が大きく動いて、日がぱあっと射すのを見て、「今も歴史は動いているんだ」と感じました。

「今も歴史は動いているけど、自分には何ができるんだろう?」

そう考えながら家まで歩きました。

帰る途中、親子の姿をたくさん見ました。お父さんが滑り台で、子どもと戯れている姿。お父さんが自転車を修理して、子どもに「乗ってみな」と話す姿。

家族も歴史です。歴史は日々新しくなる。子どもは歩く歴史だなあ。いつもいつも成長、成長です。

新しい会社に入ってはや1ヶ月となりました。新しい環境になったんだから、私も新しく、と思ったら、新しい環境に適応することでいっぱいいっぱいでした。神様の働きもたくさん感じましたが、気がついたら6月が終わってしまいました。

それで考えました。どうしたらもっと異なる段階で生きることができるだろう?6月のような一ヶ月をまた過ごすのは嫌だな。何か新しい目標がほしいと思いました。でも何を目標にしたらいいのか、整理できていません。歴史は過ぎていくばかり・・・。

家に帰ってシャワーをすると、新しいシャンプーに替えられていました。リンスも新しいものに替えたばかりです。

手に垂らしてみると、新しい、いい香りがしました。

「ああ、これだ」と思いました。

<新しくしたら、新しい香りがするんだな>

自分も新しくしたら、もっと新しい香りを放つ人になれるんだろうなあ。それはどういう姿だろう。具体的にはわからないけれども、新しくすると、わくわくして、新しい香りが気分を高めてくれます。

新しいシャンプー、新しいリンス、新しい香り、新しい自分・・・

今与えられている環境で、もっと私が新しくなったらどんな姿だろう?

そういえば、新しくするためには「葬りなさい」という御言葉が出ていました。古いものを葬ってこそ、新しいものを得ることができる。シャンプーもリンスも使い切って空っぽになって、初めて新しい香りのシャンプーとリンスが入りました。

古いものを使い切って、我が家のシャンプーとリンスの歴史が進んだわけです。

神様、私も新しくなったら、新しい段階で歴史を行うことができるんだな。

そのときには、新しい香りを放って、もっと魅力的になっているかも。


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪[プロフィール詳細はこちら]

コメントを残す