人生・お悩みコラム

永遠の愛は存在しない?信じられなくて悩んでいた時

「永遠の愛」はあると思いますか・・・?

「永遠に愛し合おう。」
過去にいろんなドラマを見て、「永遠」に契を交わすのをたくさん見ました。私はあんまり恋愛に興味がなかったので、そこまで考えたことはなかったのですが、こういうことは考えました。

「本当に愛してくれる人はいるのだろうか?」

永遠な愛はあるのか

自分を受け入れてくれる人はいるのか

見た目に比べて私は結構さみしがりやな一面がありました。心がうつむき加減になると、受け身になりがちになりますが、そういうとき漠然と不安になったのです。

「自分のことを全部認めて受け入れてくれる人はこの世にいるのだろうか?」

私はとても慎重なタイプです。人に自分の心を簡単に打ち明けることができませんでした。

なぜなら「もし相手に話して自分の心を分かってくれなかったらどうしよう」と考えたからです。だから、言いたいこともなかなか言えず、相手の話ばかりよく聞いていました。

大学生のとき、アルバイトをしていたのですが、そのときに少し好意を抱いた人がいたんですよね。でも、その人に好意を抱きながらもあまり心を開かないようにもしたのです。

なぜなら、
自分が心を開いて話して、受け入れてくれなかった時、自分が傷つくからです。

傷つくのが怖い

傷つくのが怖いなあと思うときは決まって、気持ちが塞いでいるときでした。自分に自信がなくなってしまったとき、誰かと比較して優劣をつけてしまったとき、誰にも分かってもらえなくて、一人で辛さを抱えているときでした。

傷つくことを怖がると、一歩も前に向かうことができなくなります。心が萎縮して話したいことも話せないものです。

さて、社会人になるともって人を信じられなくなりませいた。なぜならもっと傷を受けることが増えたからです。

自分は信頼していても、相手は裏で悪口を言っていたり、憎まれたりする経験をしました。

また理不尽に怒られることもあったり、相手の良くない感情が見えたりすると、考えているだけで頭が痛くなりました。

そういう経験をする度に「ああ、人間ってめんどくさいな。どうでもいい。なんでこんなことを考えているんだろう」と放り投げたくなります。あまりにも関わると自分ばかりが傷を受けるから、一生懸命やっていたことを全部やめたくなるのです。

そして傷つけられたくないという想いから、だんだん人から離れたくなり、信じられなくなります。

人を信じられない

一度裏切られたりショッキングな経験をすると、受け身になるし、ガードをはりたくなりますよね。さらにどういうときも本心を打ち明けられないし、話していても一歩身を引く感じがします。

さて、でもですね、自分は結構人を信じやすいタイプなのです。あんまり相手の言葉の裏を読むようなことをしないタイプです。だからいい意味で素直。悪い意味で相手の本音を汲み取れないところがあります。

その分社会で生きていると、ショックを受けやすい傾向にあるのかもしれませんね^^;生きていく中でいろんなショックを受けながら、だんだんと萎縮して、根底から人を信じることができなくなってしまうのだなあと、自分の経験からして感じています。

人を信じたいけれども信じられない。この心を超えるには、本当の愛に出会わない限り、根底から抜け出すことは難しいことだと思います。

本当の愛はあるのか?愛はテクニック?

麦わらさんも昔は片思いをしたことがあります笑
でも片思いって疲れますよね^^; なんというかあの、心理戦・・・??笑
相手の態度や言葉で気持ちが上下に揺れるので、そりゃあもう疲れました^^;

こういうときは、よく恋愛心理本なんて読んでしまうのですが、読むとさらに疑心暗鬼します。あの場面ではどう思っていたのだろうか?もしかしてこう考えていたのか?・・・とあれやこれやといろいろな考えが浮かぶのですね。

またこういう本を読むと、恋愛って戦略的みたいで嫌になりました。オトコ心とかオンナ心とか、お互いに掴んであげたり離れてみたり、相手の心を惹き付けるテクニックなんかが書かれてあるのです。

愛ってテクニックなのかな・・・
そう思うと自信もなくなりました。私は真実に、しんじつ〜〜に愛し合う”愛”があってほしいと思っていたから、こういう愛の巧みなやりとりなんかを聞くと、すごく神経がやつれました。

理想の愛の形って?

大学生だったとき、だんだんと「愛」がどんなものなのか、よくわからなくなりました。

理想の愛は、おじいさんおばあさんになっても、お互いを尊重しあえる関係。また最後まで支え合える関係でした。おじいさんおばあさんになっても腕を組み合えるような、お互いに信頼しきった状態。これが麦わらさんの理想の愛の姿でした。

これもドラマから得た理想の愛でした。心理戦の愛ではなくて、もっとこう、熟された愛というのでしょうか・・・(´・ω・`)
友達にはよく「恋愛時期をすっとばして老年の夫婦になりたい」とぼやいていました笑

理想の愛にたどり着くまでには、長い時間がかかるようでした。私にそんなパートナーがいるのだろうかと心が落ち込む度に想いました。そういうとき、出会ったのが神様だったんですね。

永遠な愛はある

私は永遠な愛はないと思っていました。なぜなら人は死んでしまうからです。どちらかが死んでしまったら、相手を想う愛は、自分だけが心で抱いているから、寂しい愛だなって思いました。永遠な愛があるとしたら、考えられる愛はこれくらいでした。

「どちらかが亡くなっても、最後まで尊敬し、愛を守ること。」

私達、愛の限界線がどうしてもありますよね。死という限界線があるから、どんな〜〜〜に最後まで愛しても「永遠」までは残りません。

ー神様、どうして人間は死ぬようにしたのでしょうか?

ー死がなければ「永遠の愛」は存在するのではないでしょうか・・・?

でも神様、聖書にはこんな聖句があります。

神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。(伝道の書3章11節抜粋)

な ぜ ・・・・?

と思いませんか^^;笑
だって人間は死ぬのだからそもそも永遠を思う思いなんて必要ないじゃないですか・・・・?なぜ人間に「永遠を思う思い」なんて授けたんだ??と思いませんか^^;苦しいからそんな思いを入れるのやめてけれと思います。

でもそうじゃないんです。実は「人間は永遠に愛することができる存在」だったのです。

問題は誰を愛するのか、でした。

聖書の中でもっとも有名な聖句があります。

イエスは言われた、「『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』。 」
(マタイによる福音書22章37節)

これが第一のいましめだと聖書に書いてあります。第一、なんですよね。第二は神様を愛するように隣人を愛しなさいという御言葉です。

神様はどんな方でしょうか。

山がまだ生れず、
あなたがまだ地と世界とを造られなかったとき、
とこしえからとこしえまで、
あなたは神でいらせられる。(詩篇90編2節)

とこしえから、とこしえまで神様でいらっしゃる。

つまり神様は永遠に永遠な存在なのですね。

私達が愛する対象が「永遠」ならばどうでしょうか。

神様は永遠の存在でいらっしゃるから、その愛を神様が永遠に覚えていらっしゃり、永遠な世界で永遠に愛し合うことができます。

あなたを造られた者はあなたのであって、その名は万軍の主。あなたをあがなわれる者は、イスラエルの聖者であって、全地の神ととなえられる。 (イザヤ書54章5節)

旧約聖書にも「あなたを造られた者はあなたの夫」だと書いてありますが、びっくり仰天ですよね。
神様が願っていらっしゃるのは、人間の夫になること、つまり<愛の対象体>になることなのです。

この聖句の他にも、いろんな比喩で私達人間を「女や花嫁」として喩え、神様を「夫や新郎」として喩えている聖句があります。

神様との愛、これが唯一の「永遠な愛」なのです。

ABOUT ME
麦わら
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪
もっと聞きたい方へ

もっと御言葉を聞いてみたい!

ここには載っていない話も聞いてみたい!

どうぞwelcom!

お気軽にお問い合わせくださいませ^^

お問い合わせ