オヤビンとコブン

『戦争や悲劇、不幸な人がいるのはなぜ?悪魔について知ろう!』(15)


Aさん
Aさん
あ〜なんであんなに頑張ったのに上手く行かなかったのかな(努力を報いる神様じゃないのか?…)
Bさん
Bさん
なぜあんな悲劇が。(神様がいるなら助けてくれたらよかったのに)
コブン
コブン
ほしかったやつあとちょっとで手に入るはずだったのに、買われちゃったな(神様知ってたはずなのに)
オヤビン
オヤビン
なんで戦争は絶えへんのや?(神さんが起こしとんのか?)
麦わらさん
麦わらさん
なかなか結果が出ないですね(神様、がんばってるんだけどな)

 

なぜですか???

神様???

いらっしゃるんですよね?????

 

麦わらさん
麦わらさん
そう思う時ありませんか??
オヤビンコブン
オヤビンコブン
(ギクぅッ!) 

なぜ神様を恨みがち?悪魔の策略

麦わらさん
麦わらさん
今日は神様について知ると同時に、悪魔についても知る時間にしましょうか!
コブン
コブン
やだなあ
オヤビン
オヤビン
コブンあからさまやで
コブン
コブン
だって怖いですもん
麦わらさん
麦わらさん
気持ちわかるよ〜。
オヤビン
オヤビン
どうせ見えへんのやから、シャキッせえ!
麦わらさん
麦わらさん
(笑)そうです!悪魔は見えない存在!でもその存在について知らないと神様に対してしなくていい誤解までしちゃうし、神様を遠ざけてしまう結果にもなる。
コブン
コブン
もしかして、さっきみたいな考えですかね・・・。
麦わらさん
麦わらさん
そう、人ってなぜか、全知全能な神様が「なんでもしてくれる」と思いがちなんだ。神様なんだから、ていう理由で。
コブン
コブン
確かに、そう思いがちですぼく・・・
麦わらさん
麦わらさん
じゃあまず、悪魔を知る上でもっとも大切なことを1つ教えるからメモしてくださいね!
コブン
コブン
はい!!
悪魔のコレだけは知っとこう!

悪魔の目的は<神様と人間の間を切り離す>こと

コブン
コブン
切り離すこと・・・!?!
オヤビン
オヤビン
ほお。まさにさっきの誤解することやな。
麦わらさん
麦わらさん
そうなんです。神様に対する誤解は、結果的に人と神様の間を切り離すことになります。

神様は、人を通して助け、万物を通して助け、いつも共にされていると今までも話しましたよね。でも人々はよく分かっていないんです。

さらには、悪の行為を助長させようとする悪魔の働きを知らなくて、悪魔の働きなのに神様がそうしたと思って、またもや誤解することになります。

オヤビン
オヤビン
神さんについても悪魔についても知らんかったら、そりゃ誤解するわな。
麦わらさん
麦わらさん
はい!なので、悪魔についても知る必要があるんです!
コブン
コブン
が、がんばって学びます・・・!!

悪魔ってサタン?へび?

この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは、地に投げ落され、その使たちも、もろともに投げ落された。 (ヨハネの黙示録/12章9節)

オヤビン
オヤビン
龍とかへびとかサタンとか、みんな悪魔のことなんか?
麦わらさん
麦わらさん
はい、そうなんです。
コブン
コブン
麦さん、この「へび」って、本物のへびではないってことですよね?これが比喩ってやつですよね?
麦わらさん
麦わらさん
前回の比喩の話と同じだね。悪魔のことを「へび」に譬えたんだ。
オヤビン
オヤビン
狡猾で知恵深い・・・悪魔はそういうやつってことやな
コブン
コブン
へび、へび・・・・そういえばへびって、アダムとエバを惑わしたのも、へびだったような・・・

へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。 (創世記3章1節)

麦わらさん
麦わらさん
まさに!「かの年を経たへび」というのが、6000年以上前にも存在していたへび、つまり悪魔(サタン)のことだよ!
コブン
コブン
やっぱり本物のへびじゃなかったんだ〜〜〜!!

悪魔の働きとは?なぜ騙されるのか?

麦わらさん
麦わらさん
せっかくだからこの聖句をもとに悪魔について知ってみようか!
麦わらさん
麦わらさん
悪魔はどうしてエバを誘惑できたと思う?
コブン
コブン
え、それは、悪魔が言葉巧みだったからじゃないかなあ。
麦わらさん
麦わらさん
それもあるね。でもエバが「食べたら絶対にダメだ!」と思ったら食べなかったよね。
コブン
コブン
たしかに・・・。絶対にダメだ!て思わなかったのは、やっぱり悪魔が言葉巧みに誘惑したから?
麦わらさん
麦わらさん
たとえば、小さい子供に、「道路に急に飛び出しちゃダメ!」て言ったら、子供はどれくらい分かるかな?
コブン
コブン
たぶん、実際に車が通って「あれにひかれちゃうから!」て伝えたら分かるかもしれない。
麦わらさん
麦わらさん
そうだね。「どうしてダメなのかちゃんと分かったら」道路に飛び出したりしないよね。でも、それが分からなかったら
オヤビン
オヤビン
とっさな時に飛び出しちゃうやろな。わしも轢かれたことあるで。
麦わらさん
麦わらさん
おおお、大丈夫でしたか^^;
オヤビン
オヤビン
骨折した。
麦わらさん
麦わらさん
それは痛かったですね・・・^^;

エバもちゃんとダメだ!と分かっていたなら、悪魔の誘惑に陥ることはなかったんです。でもエバは分からなかったんです。どうしてそんなにダメなのか。

コブン
コブン
分からなくて、ですか・・・。
麦わらさん
麦わらさん
そう。

悪魔は「分からないことに漬け込む」んです。

コブン
コブン
!!!
オヤビン
オヤビン
あれやな「オレオレ詐欺」とかも、息子の声ちゃんと分かってたら、払わんやつやな。
麦わらさん
麦わらさん
そうですね。詐欺に遭うのも「分からなくて」「騙されて」ですよね。はっきり分かっていたら、詐欺を明らかにすることができます。
コブン
コブン
詐欺・・・、つまり詐欺の根本は、悪魔(サタン)が働きかけているってことですか!?
麦わらさん
麦わらさん
そうだね、騙すことは悪魔の典型的な特徴!なんせ6000年前からやってますからね!
オヤビン
オヤビン
プロ中のプロってことやな。

妬み深さ、悪口、不平不満

麦わらさん
麦わらさん
他にも悪魔は「妬み深さ」を持っています。
オヤビン
オヤビン
嫉妬心か。それ、女がすごいやろ。
麦わらさん
麦わらさん
コラ。妬み深い男もいますよ。

そこで、大祭司とその仲間の者、すなわち、サドカイ派の人たちが、みな嫉妬の念に満たされて立ちあがり、 使徒たちに手をかけて捕え、公共の留置場に入れた。使徒行伝 5章 17節

オヤビン
オヤビン
ほんまや。
コブン
コブン
誰かと比較とかしちゃうのも、もしかして同じですか?
麦わらさん
麦わらさん
そうだね。比較することはメリットもあるけど、大半がデメリットで使うよね。自分と相手を比較して、羨んだり、嫉妬したり、怒ったりとか

・・・憤(いきどお)ることも悪魔の特徴だよ!

身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食いつくすべきものを求めて歩き回っている。(ペテロの第一の手紙5章8節)

コブン
コブン
ほえたけるしし!!怖!!

しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。悪魔が、自分の時が短いのを知り、激しい怒りをもって、おまえたちのところに下ってきたからである(ヨハネの黙示録12章12節)

オヤビン
オヤビン
げっ
コブン
コブン
オヤビン〜これを機にやめましょ怒るの!
麦わらさん
麦わらさん
相手を罵倒したり、悪口を言ったり、不平不満を言ったり、そういうことも悪魔の好物ですねえ。

十字架にかけられた犯罪人のひとりが、「あなたはキリストではないか。それなら、自分を救い、またわれわれも救ってみよ」と、イエスに悪口を言いつづけた。 (ルカによる福音書/ 23章 39節)

コブン
コブン
あ〜〜〜もう!悪魔なんていなくなっちゃえばいいのに!!
麦わらさん
麦わらさん
ホントっ!でも、オヤビンが言ったとおり、悪魔は見えない存在です。肉体をもたない、ただの霊物にすぎないんです。

自分たちさえ悪魔にやられなければ、悪魔は存在する意味もないし、神様との間を切り離す行為もできなくなります。

互に拒んではいけない。ただし、合意の上で祈に専心するために、しばらく相別れ、それからまた一緒になることは、さしつかえない。そうでないと、自制力のないのに乗じて、サタンがあなたがたを誘惑するかも知れない。(コリント人への第一の手紙7章5節)

麦わらさん
麦わらさん
悪魔の惑わしがあっても、「自分の意志で抑える」ことができるんですよ。
オヤビン
オヤビン
神さんが悪魔を滅ぼしてくれたらいいんとちゃうか?
麦わらさん
麦わらさん
違うんです。たとえ悪魔が滅んだとしても、人間が自らの心を自制することができなければ、悪魔が働きかけなくても、自滅します。
コブン
コブン
な、、、なんと!!
麦わらさん
麦わらさん
悪魔が滅びることよりも、「自分を神様の真理でつくること」です。

つくってしまえば、恨めしく思う心もなくなります!

オヤビンコブン
オヤビンコブン
ほお!?

それだから、悪しき日にあたって、よく抵抗し、完全に勝ち抜いて、堅く立ちうるために、神の武具を身につけなさい。 (エペソ人への手紙6章13節)

麦わらさん
麦わらさん
神の武具、すなわち、神様の真理の御言葉で自らをつくり、武装することです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪[プロフィール詳細はこちら]

コメントを残す