味を読む

残酷さって何?ザンコクサナクナレ!【摂理と意味】

Pocket

電車に乗っていると
とある映像広告が目に入りました。
銃器
なくなれ!


そして
日本の警察庁の
電話番号が出てきました。
03-3593-7970
(ザンコクサナクナレ)
はじめ見た時は
あまりに斬新な番号表記に
∵(´ε`●) と
吹き出してしまったのですが、
そのあと
うーん(´・ω・)と
考えてみました。
一体
残酷さって
何だろうって?

…(´∵`)
残酷さってなんでしょうか?
この広告は
銃器をなくすことの
広告でした。
銃器がなくなることで
残酷さがなくなるように
願いを込めて
つくられたのかなぁと
思いました。
さて、
ここからの話は
広告に対するあれこれではなく、
残酷さ、について
根本から考えてみたことです。
では、考えてみましょう(*゚‐゚)
世の中が残酷になるのは
銃器があるからでしょうか?

A.そうだ
B.そうじゃない
どっちでしょう。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚!?
では、
銃器をぜーんぶなくしたら
残酷さはなくなるでしょうか?
拳銃も
ナイフも
ハンマーも
砲丸も
鞭も
ノコギリも
核兵器も

ぜーんぶ無くなれば
平和な世界になるでしょうか?

残酷さ=銃器
でしょうか?
銃器は命を奪う道具になります。
その通りですね!
しかし、
銃器自ら
人の命を奪うことは
できません。

銃器は
人間が使って始めて
命を奪う力を発揮します。

道具というのは何であっても
人間がセットです。
道具を使う
その人の心と技術によって
道具の目的が変わります。
殺人を目的とした道具になるか
救いを目的とした道具になるかは
道具を使う
主人によって
変わります。

銃器の扱いもそうです。
銃器が目の前にあったら
誰もが、
よし、人を殺そう(#゚皿゚)
と思うでしょうか?
憎い人がいて、
さて、あいつを
どうしてやろうか(キΦдΦ)
と思う人に対して
銃器があったとしたら、きっと殺人道具として使うでしょう。
けれども
善良な心で
いつも感謝しますと言って
生きる人が
目の前に銃器があるからといって
殺人を犯すでしょうか。

結局は
人の心に原因があります。
つまり
残酷さ、とは
銃器から発生するのではなく、
人の心から発生します。
(*´?`*)
では
もう少し深く考えてみましょう。
残酷さとは、
残酷なシーンではなく、
残酷な行いをする人間
その人自身のことです。
残酷な行いが
どこから来るでしょうか?
悪の心から来ます。
人を
罵倒する心
嘲笑する心
怒り、憎しみ、嫉妬、妬み、
誤解、悪口、

みんなそうです。
そのがいづれ
行いになります。
怒っていたらいづれ
手が出るということです。

行いの過程に
銃器を用いるのか
用いないのか
違いはそれだけであって
銃器がなくても
人を
殴って蹴り続ければ
人間は弱いので
すぐに死ぬでしょう。
最近はインターネットでも
命を奪います。
言葉で人を殺すのです。
精神がまだ幼く弱い人たちは
言葉だけでも簡単に死にます。
実際に自殺をして死ぬ場合があるし、
心が死んでしまう場合があります。
どちらも残酷です。
それほど怖いのが
人の心です。
言葉をみだりに話すな。
舌を慎みなさい。

聖書の中にも
このような聖句があります。
また、鄭明析(チョンミョンソク)先生もおっしゃいました。
みんな口を慎みなさい。
そうしてこそ平和が来る。
相手を愛したら、そのように言わない。
だから、言葉をみだりに話したら、
愛さない罪まで犯した人になる。
自分は教訓として話しても、
聞く人は傷を受け、落胆する。
自分の良心はすべて知っている。
とげとげしく言ったか、
少し蔑(さげす)んで、
見くびりながら話したか、
自分の良心はすべて知っている。

このように、
私たちに教えてくださいました。
気が引き締まりますねっ(*^^*)!!
先生はいつも私たちを心から愛して
話してくださるので、
気が引き締まる言葉が出ても
不思議とを感じるんです。
残酷さをなくすためには、
まずは自分の心から
愛してあげること。
根本は神様を愛し
神様の愛で自分を愛し
その愛で相手も愛することです。
そうしてこそ本当に
ザンコクサナクナレ
が成就すると思います。

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP