Report

熊本地震、震度7。遠い地でも心は共にできる


私が共にする@摂理の味

 

夜9時26分頃、震度7の地震が起こったと聞いて驚きました。

私はちょうど夕飯を父と食べていたのですが、ぱっと震度7の表示が画面上に出てきて、
目を疑いました。

東京からずっと離れてた地ですが、そこには私が知っている人もたくさんいましたし、
つながりがある人もたくさんいました。
だから、みんな大丈夫だろうか?と想いました。

摂理のメンバーの何人かも気がついて、
「お祈りしよう!」「今どんな状況だろう」と関心を寄せて連絡しあっていました。

またTwitter上でも多くのつぶやきが拡散されていました。

この状況を見て、私がふと思ったのは、
私達人間は、遠くはなれていても隣にいるように思うことができるのだな。

関心を寄せて、一言声をかけるだけでも違います。
また、声を一声かけられない状況だとしても、お祈りすることができます。
神様を信じるようになって、できないと思っていた限界線が超えられるようになりました。

また、TwitterやLINEといったSNSも、
肉的に力を与え、情報を共有する素晴らしい媒体なのだなと思いました。
より良く使えば、遠くにいても愛を共有することができるのです。

お互いに関心を寄せあい、一つになれば、どれほどいいでしょうか。

神様がそれを願っていらっしゃることを本当に感じました。

この地震は熊本だけの問題ではありませんから、
みんなで心を合わせて、必ず抜け出すことができますように。

熊本のみなさん、九州のみなさん、
余震が心配ですよね。
心を寄せると言っても、完全に共にはできませんが、
みなさんがどうか健康であり、無事であるようにお祈りしています。


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪[プロフィール詳細はこちら]