味を読む

無くてはならないものは多くない 〜人生の問題も〜

Pocket

母と聖書を1章ずつ読む条件を立てているのですが、

母も私もそれぞれの状況の中で引っかかる聖句がありました。

主は答えて言われた、「マルタよ、マルタよ、あなたは多くのことに心を配って思いわずらっている。しかし、無くてならぬものは多くはない。いや、一つだけである。マリヤはその良い方を選んだのだ。そしてそれは、彼女から取り去ってはならないものである」。(ルカによる福音書10:41)

マルタとマリヤは姉妹です。マリヤが妹。

マルタは店の仕事をせっせとしていて、マリヤはイエス様の御言葉を聞いていました。

マルタはいいました。

「主よ、妹がわたしだけに接待をさせているのを、なんともお思いになりませんか。わたしの手伝いをするように妹におっしゃってください」。

そのときにおっしゃったイエス様の一言が、先ほどの聖句。(ぜひもう一度)

 

私も母も、この聖句から啓示を受けたみたいです。

私の場合、マルタにもマリヤにも当てはまるようなことがありました。

 

 

あるとき私は思いました。

「一日競走するように走ったけれども、結局何のために生きたのだろう?」

一日一日時間と競り合いながら、やるべきスケジュールをこなしていきました。でも、あまりにも時間に追われすぎて、ただこなすことだけが目的になってしまいました。それでこんなことを考えちゃったのです。

 

何を目的にして一日を生きたのか・・・?

 

神様はこれに対してすでに答えを与えてくださっていました。

「私エホバが言う。私と一緒に生きることを目的として実践し、挑戦する生を生きなさい。 これが『人間最高の挑戦と実践』だ。

<最高の挑戦と実践>をしなければならないから、競走するように走って、勤しんで生きるべきではないか。

人間が私エホバと一緒に生きること、これに目的を置いて<天地万物>を創造し、<人間の肉と霊>を創造したのだ。

そう、核心はひとつでした。

でも、聞いた当時はよく分かっていなかったみたいです。

仕事をバリバリこなすこと。経済的に潤うこと。使命に燃えて走ること。勉強すること、学ぶこと。その他いろいろなことに精を出し、実践して功績を残しても、<たった一つ>のことを忘れたら、すべて意味がありません。

また、経済に問題があり、使命に問題があり、信仰に問題があり、ありとあらゆることが辛いと思ってへこたれていても、<たった一つ>のことができていればそれらすべてのものは問題ではありません。

 

「マルタよ、マルタよ、あなたは多くのことに心を配って思いわずらっている。しかし、無くてならぬものは多くはない。いや、一つだけである。」

 

その<たった一つ>が何かといったら、

「聖三位と一緒に生きること」

「聖三位を愛して生きること」です。

これを目的にして生きれば、今私が問題に思っていることは問題ではありませんでした。

大切なことは多くはない、とおっしゃったように。

普段やることが多いように思うけれども、一日の中でどれほど「聖三位と愛して」生きることができたのか、できなかったのかが一番大きな問題。

これが欠けたら、私みたいに「何のためにこんなに一生懸命に行ったのだろう?」と言うはめになります。

神様の御心はひたすら「愛」だ。 引き上げも御言葉も難しく見てはならない。 神様が願われることは、ひたすら「愛」ではないか。

「あなたたちが私を愛するならば、わたしの戒めを守るであろう。」

愛しなさい。 そして私の戒めを守りなさい。

私達が選択するもの、

ただ聖三位が選ぶものにしていきたいですね^^

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP