人生・お悩みコラム

生きる意味が最後まで得られないならば


先週から私の心はゆらゆら揺れている。

何に揺れているのか…
心が泣いて泣いて
震えているのだ。

人生について考える。

命は、結局は死ぬ。

それまでどう生きたとしても
死ぬ時は死ぬ。

仕方がない。

でも、死ぬまでのひと時ですら
人生の問いかけに答える人がいないなら
なんて儚い人生だろう。

神様だけが
「生きる意味」を知っている。

そうでなければ
無気力。
気力のない最期だろう。

 

親戚のひとりが、
そのような死をとげた。

 

末期ガンと伝えられ、二週間と経たずに亡くなってしまった。
亡くなるまでの間、まるで生きる気力がなくなったかのように、過ごされていたそうだ。

その話を聞いて
私は心からしくしく しくしく泣いた。
あまりにも悲しくて泣いた。

その話を聞く前に虐待問題に関する本を読んでいて
アッパーにフックをかけられて私まで完全にダウンしてしまった。
カンカンカン。試合終了。

悲しみと絶望だった。
神様を信じていながら、限界ばかりが大きくなってしまった・・・。

希望よりもずっと、大きくなってしまった。

 

生きる気力もなく死んだ。

このような死を迎えるのは
決して私の親戚だけではない。

日本・・・いや世界中すべての人が迎える
象徴的な死だと思った。

「なんのための人生なのか」

その問に誰が答えられるだろう?

生きる意味が最後まで得られないならば、果たしてその人生はどう形容できるのか。

答えを知っているのは、ただ神様。
その神様を人生で一言も呼ばずに生きるならば、その生はまるで回答のない問題用紙のように、無気力という空白で埋め尽くされるだろう。

さて、私の心もダウンして、しばらく呼吸をしていた。
社会問題とも向き合ってられない…
絵も描けない…
伝えようとする希望よりも、
絶望と悲しみがもっと大きくなってしまったから。

 

今日もそれで終わると思った…。

 

 

今日は慰安旅行のような、休みの時間をもらった。

そこで美味しいものも食べて、自然の中でゆったりと過ごした。

肉体は嬉しかった。

でも、なかなか心は軽くならなかった…。

 

お祈りをしながら、悟ったのが、
今日話した”希望よりも勝ってしまった絶望”についてだった。

 

「神様、神様は絶望するしかない現実ばかりだったのに、どうして最後まで人間を愛してこれたのでしょうか?」

「それほどまでに目的に対する希望が輝いていたのですか?」

「私には限界しか見えません。」

 

そう打ち明けた時、浮かんできた言葉があった。

 

「私は最後まで成し遂げたのだから、私があなたの考えのハンドルを握るようにしなさい。そうしたら最後まで行くだろう」

 

生きる意味が最後まで得られないならば、
どんなに輝かしく生きたところで、虚しい人生だ。

だから、神様のことを伝えていくことは諦めてはいけない。

根気強く、最後まで、最後まで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪麦わらさん専用LINEも作ってみました。(友達追加が必要です)お問い合わせ・感想はLINEでもどうぞ![プロフィール詳細はこちら]

コメントを残す