味を読む

春一番と対話して 〜次元を上げていくもがき〜

Pocket

 

春一番が吹き荒れています。

神様がおっしゃいたいこと、あるのかなあと思いながら、
窓を開けてみると

 

 

ぶぉおおおおおおお!!

 

 

わたし髪をかっさらう春一番。

温かい風でした。

次元が上げるために、気候も「もがいて」いるようでした。

 

<一次元>上がっていくだけでも「違った世界」です。

季節も一次元上げれば<冬>が<春>になって違った季節になり、得るものも変わります。
<春>から一次元上げて<新緑の季節、五月>になれば、大地は緑の葉と花で覆われて違った世界になります。
人生も信仰もそうです。

人生は「次元を上げる楽しみ、希望、喜び、甲斐」だ。(鄭明析先生の御言葉)

 

春一番さん。

もうすぐ花が咲き乱れて、いい香りがする季節がやってきますね。

神様が運行なさる「春」が来ますね。

楽しみにしています。

私たちも、その日に向けて、次元をあげていきますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

メルマガ始めました♪★詳細はこちらから^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP