日常

燃えたと思ったらぷしゅーとなることが多いけど、一歩前に踏み出せることは祝福だ


タイトルを見てどう思うか分かりませんが^^;

燃えたと思ったらぷしゅーとなることが最近多いんですね。

決して落ち込んでいる訳ではないんです。

 

うおー!やらなくちゃ!やろう!そうだやってやる〜〜!!

 

と思っていたと思いきや、

 

うんと、何しようかな今度。あれ、そういえば前これやる〜〜!とか言ってすごい燃えてなかったっけ自分(・∀・)??

 

みたいになってるんですよ。。。

 

なんか以前はもっと、劇的ビフォーアフターみたいなことが多かったんですね。

「くっそう〜〜やってやる〜〜〜!!!!うおおおおおおお」てなったらひとまずその熱が長く続いたんです。

でも最近は、

「うおおおおお!!!・・・・・・・・・・・・で、何しよっかな。(何かすごい燃えていた気がしたんだけど)

・・・あ!思い出した!」

みたいな。

 

なんだろう。ぼけてきたのかな。轟々と燃える何かが、あるんだけど、燃えてるんだけど、煙で見えないみたいな。

何かできる気がするんだけど、

やってみたんだけど、

ある程度までやると、満足してしまう自分もいるんです。

 

ぷしゅーとどこかで抜けているんですね。

どうでしょう?こんなことってありますか?

 

それでも思い出しては、そうだ、もう一度やってみよう。

もう一度お祈りしてみよう。もう一度書いてみよう、と一歩を踏み出せるから、聖霊様が共にしてくださるのを感じます。

そうです、もう一度前に一歩踏み出せるというのは、とても祝福なのだと思うのです。

昔は一度くじけたり、目的を失ったら、前に進もうという気力も中々起こりませんでした。

でも今は、神様が、聖霊様が、御子主が、人を通して、心を通して「もう一度!」という気力を起こしてくださいます。

だから本当にこれが祝福なんだな。

そう思いました。

 

着火して、ぷしゅーとなっても、また思い出して着火したらいいんです!

燃え続けるまで、続けて着火着火!!

明日は祝日だから嬉しいから、もっと着火しよう!!笑

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪[プロフィール詳細はこちら]