Loading

BLOG

空の雲から神様を感じた話と対話

Pocket

途方に暮れながら、道を歩いていた。

ひとあし、ふたあし

歩いて、なんだかなあと思って、立ち寄った学校。

立派な校舎。まるでヨーロッパのなんとか宮殿のような外観だった。

校庭はないけれども、ベンチや花が咲く素敵な庭園があった。私は気力もなくベンチに座った。

「ふう」そう一息つきながら、ボーッと空を眺めていた。

雲が悠々と動いている。ゆっくり、ゆーっくり、黙々と形を変えながら動く雲。

私はベンチに座ってぼーっとしていたけれども、雲は黙々と動いるから不思議だった。

雲の動きに合わせて日が射し込んできた。雲の合間から光がこぼれて、庭園を照らす。

それを見ながら、私は涙が出た。

「私が立ち止まっていても、神様は止まらないんだな。

常に今も動いて働きかけているんだな。やるべきことを行っているんだな。」

そう思ったら、心に生気が戻ってきた。そうだ。今も歴史は動いている。

その人は生きている。神様は生きている。

神様がいないと思って今まで生きていましたが、神様がいると思って生きたら、世界の見え方が変わりました。でもたまに、見え方が昔と変わらないときもあります。

見え方が変わるときってどんなときなのかというと、

神様の息遣いを感じた時。同じ時代を神様と呼吸を合わせて生きていると感じる時、世界が変わって見えます。

摂理でバイブルスタディーを一つ一つ聞いた時も、聞く度に世界が変わって見えました。神様の視点で見たら、見え方が変わりました。

疲れて立ち止まりたい時、動いている雲を通して神様は語られました。

「あなたは今いつの時代を生きているのか?私が共にする時ではないか?」

「すぐ近くで一緒に走っているのに見えないのか?」

 

見て、感じることは、私達が考えさえすれば、すぐに見えて感じれるみたいだ。

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

麦わら

麦わら

投稿者プロフィール

麦わらです^^
イラストと音楽が好きです。好きな楽器はカホンです^^
芸術っていいですよね。絵も音楽もあるだけで、人生が楽しく、豊かになります。好きな食べ物はお寿司系、卵系、大戸屋系。バランスの良い食事を心がけてます。ゆっくりしてくださいね〜。

「前もってやること」がどうしてそんなに必要なのか?

前もって早く会社に行って、前もって納品をしたところ、時間のしるしが起こった話

関連記事

  1. 部屋の大掃除はじまる。なかなか片付かない。

    2016.12.22
  2. ちょっと驚く小学生の会話から 〜子どもの心を取り戻そう〜

    2017.04.28
  3. 摂理 燃える聖霊集会

    2015.03.31
  4. 「アンパンマン」やなせたかしさんの遺言が、深くて熱い

    2016.08.15
  5. 芝生の自然聖殿【月明洞】

    2014.09.19
  6. 人の心と体は流れていく川のようだ【摂理の御言葉より】

    2014.11.14

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


facebookページ

最近の記事

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

PAGE TOP