運転免許取得まで日記

「逃げてはいけない」〜交通事故も自分の問題も〜

Pocket

交通事故を起こしたとき、どういう対処法をしたらいいのかということを勉強しました。

一番心にのこった言葉が「逃げてはいけない」ということでした。

車の世界に置いて「逃げる」というと

「ひき逃げ」「あて逃げ」というのがあります。

教えてくださった教官も、過去にひき逃げ、あて逃げをされたことがあると話していました。
車の後ろを追突されて、気がついたら逃げようとしていたそうです。

この時瞬間、スマホを取り出して車を激写したことで、2、3日後、犯人を見つけられたと話していました。
でも、それをもししなかったならば、逃げられている可能性は大きかったと話しました。

相手を死傷させるような人身事故に置いては、犯人が見つかる可能性は80%以上みたいですが、
ちょっとしたこと(車を少しぶつけてしまったなど)のひき逃げ、あて逃げを発見できるのは、20%くらいだと話していました。

こういう話を聞きながら、自分も怖いなと思いました。

人は何か過ちを犯した時、逃げようとします。

問題があったとき、逃げたくなります。

怖くなって、パニックになって、

辛く思って、向き合いたくなくて、

でも、授業で聞きました。

逃げると、罪が重くなる、と。

減点で済まされず、刑事裁判にかけられることもある。

人生に置いても、このようにこうだと思いました。

自分のひっかかること。
自分がやらなければならないこと。

こういったことを前にして、「逃げたい」「さけたい」

では、絶対にいけないのだと、授業を通して感じました(T_T)

信仰に置いて「罪」の問題もそうですよね・・・
最近もこんな御言葉がありました。

罪をそのままにしておいたら、そのままある。きたない体を洗うように、きたない服を洗濯するように、<行ない>で直しつつ二度とそのような罪を犯さないことだ。

このように持続的に悔い改めなければならない。言うだけで罪が清算され、きれいになるのか。「言葉と行ない」だ。(鄭明析先生の御言葉より)

逃げたら、その瞬間はいいかもしれません。でも、ずっとその罪は残っています。
良心にひっかかることも、その場で隠すことはできます。でも生きていくなかで、ずっと引っかかるんですよね。
だから罪は悔い改めて、言葉と行いでなくし、

交通事故は起こしたら、その場で悔い改めて、言葉で謝り、行いで謝り、

生活の中の問題も、逃げないで向き合って取り組めば、必ず解決されると思います。

「逃げてはいけない」

これも一つの真理なのだと思ったのでした^^

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

麦わら

麦わら

投稿者の記事一覧

麦わらです^^
イラストと音楽が好きです。
どちらもそんなに上手くはないですが、イラストも音楽もあるだけで、人生が楽しく、豊かになります。好きな食べ物はお寿司系、卵系、大戸屋系。バランスの良い食事を心がけてます。ゆっくりしてくださいね〜。

関連記事

  1. S字・クランク走行 〜目線が大事!もっと先を見て!〜
  2. 初めての夜間運転 〜視界・左感覚・配慮の大切さ〜
  3. 人間の限界について〜事前の『予測』が限界を越える〜教習所は悟り深…
  4. 卒業検定、まさかの不合格…!だけど感謝 〜葦のように心と行いが揺…
  5. 左回りができた!〜感覚を得るために必要なこと〜
  6. 人間は「鋭利」にできているから、事故らない。感覚を生かす時
  7. 卒検前の学科試験対策〜間違い多い、二輪車の問題まとめ〜
  8. 二段階「性格が運転に反映する」ことへの衝撃〜運転は人生の縮図だ〜…

facebookページ

摂理

マンガ聖書

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP