味を読む

卒検前の学科試験対策〜間違い多い、二輪車の問題まとめ〜

Pocket

長い教習期間でしたが、
本日「みきわめ」良好をいただき、教習課程はすべて終了となりました(T_T)
長いといいつつ、あっという間でしたね。
「みきわめ」のときは、”方向変換”と”縦列駐車”と”幅寄せ”が一番不安でしたが、
イメトレを十分してきましたら、ちゃんとできました・・・!

あとは来週の「卒業検定」そして「学科試験」のみとなりました(´;ω;`)
今日は「学科試験」で(個人的に)つまづきやすい<二輪車>を主に厳選してお届けします。

二輪車でつまずきやすい問題

エンジン・ブレーキ系

二輪なんて乗ったことないからわからないよ〜〜〜!!

と叫びたくなる問題たち、多いですよね。ということで、個人的につまずく「二輪車」の問題たち。並べちゃいます。

(1)ぬかるみを走行するとき、エンジンの回転数を低くして一気に通過するとよい

(2)二輪車で砂利道を走行するときは、低速ギアで速度を落として通行する

(3)二輪車は、カーブの曲がり角に差し掛かったときに減速すれば十分である。

(4)二輪車のブレーキは、エンジンブレーキを使わないで、前輪、後輪ブレーキを別々にかけるとよい。

(1)(2)「一気に」がいけない!と覚えました。でも、それだけ覚えると絶対にミスをします。というのは似たような問題が他にもあるからです。効果測定の時にこの覚え方で間違えた問題がありましたが、正式な問題の文章を見つけられないので、これだけ記載します。

ぬかるみ・砂利道 = ”一気に”✕!

踏切走行=(低速ギア)”一気に”○!

(3)「十分である」とか書かれてしまうと、「いや、他にもあるんじゃねえべか」と思ってしまいがちですが、

曲がり角 = 減速十分!

(4)エンジンブレーキは使います!使いながら前後輪ブレーキを同時にかけるのがよいとのことです!

回答:(1)✕(2)○(3)○(4)✕

歩行者扱いになるのは?

(1)二輪車でエンジンを切って押して歩くときでも、歩道を通行してはならない。

(2)二輪車は、エンジンをかけたままでも押して歩く場合は、歩行者として扱われる。

(3)エンジンを止めた二輪車に乗って坂を下る場合は、路側帯を通ることができる。

二輪で歩行者扱いになる条件は大きく2つあります

・エンジンを切っている

・押して歩いている

この条件が揃っていないと駄目です!

また、エンジンをたとえ切って押して歩いていても「側車付あり」「他の車をけん引している」は歩行者扱いになりません!

回答:(1)✕(2)✕(3)✕

車種の選び方

(1)二輪車にまたがったとき、片足のつま先が少し地面につき、車体を支えることができれば、体格に合った車種といえる。

(2)二輪車を選ぶ時、平地でセンタースタンドを立てることはできなかったが、8の字型に押して歩けたので、体格に合っていると思い、この車種を選ぶことにした。

ついうっかりミスしがちなところなのですが。

(1)は「片足」がダメですね!「両足」つかないと選んじゃダメですよ(^o^)

(2)は「センタースタンド」も立てられないとダメです!笑

車種を選ぶ条件をまとめると

・平地でセンタースタンドを立てることができる。

・両足のつま先が地面に届く

・8の字に押して歩くことが完全にできる。

回答:(1)✕(2)✕

他にも二輪でつまずく問題ありますが、今日はここまでにしておきます!また二輪で気になる問題があれば追記していきますね(^o^)

 

<完全に分かった人>は「主人」になる。

(鄭明析先生の御言葉)

最後まで試験対策がんばりましょう〜〜(^o^)

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP