運転免許取得まで日記

方向変換・幅寄せに苦悩する〜教習メモ〜

Pocket

今日ははじめて方向変換をやったのですが、率直な話、難しかったです・・・(;_;)
やはり後方の間隔がつかめないのが、難点だなと思いました。
めったに後ろ下がりませんから、もうバックのコツも忘れていました^^;

バックのコツ

・前輪がぶつかったら、前輪がぶつかった方向にハンドルを回してバックする

・後輪がぶつかったら、ハンドルはそのままでバックする

路上に出る前はS字やクランクといった難しい道を走行しなければいけないので、バックも必要に応じて行いましたが、
路上に出てしまうと、そんなに複雑な道には行きませんし、方向変換もしないので、検定以来久しぶりに行いました。

さて、方向変換ですが・・・

右から左にまっすぐ行っていたけれども、
右に方向変換したい!(来た道に戻りたい)というとき、
道横に入れる空間にバックで入って、右に出るという感じ・・・(わかるかしから・・・・)

さて、教官に何度も方法を教えてもらったものをまとめてみます。

<左バックの場合>
※教習所の感覚なのでもしかしたらイメージしにくいかもです・・・。

①曲がり角(にあるポール)に肩が並ぶまで前進

②並ぶ位置まで来たら、ハンドルを【右】に【半回転】して少し前進

③少し前進したら、ハンドルを【まっすぐ】にして少し前進

④サイドミラーを見ながら、車の【おしり】が【曲がり角付近】に来るまでバックする。
 ※ここの感覚を掴むのが難しい・・・(;_;)
 曲がり角よりもバックしすぎると、曲がった先の奥の壁にぶつかります。
 逆に、曲がり角より手前にすると、曲がった手前の壁にぶつかります。

 ※バックしていると、ぐるりと車が回転しているので、車体がまっすぐになったなと思ったら
 ハンドルをまっすぐにして続けてバックする。

⑤無事に入ったら【右】に方向指示器をつけて、右に曲がる

※<右バック>はこれと逆の操法

これと平行して覚えるのが<幅寄せ>なんですが、幅寄せもなかなか難しい・・・。
車を右に曲がって出たいとき、右側に車が寄りすぎていると、右に曲がることができません。
(右に曲がるとき壁にぶつかってしまうため)

だから、【左側に寄せ】てから【右】に曲がる必要があります。
それを幅寄せというのですが、頭の整理がつきにくい麦わらさんは、教官にいちいち確認しながらひとつひとつ覚えていきました。

<幅寄せ〜左に出たい時〜>
(左に出たいんだけど、左に寄りすぎていて出れない時)

①【右】にハンドルを回して、【右の縁石ギリギリまで寄る】

②ハンドルを【まっすぐ】にして、サイドミラーが【ポール(壁)の少し前に出るまで】前進

③【左】にハンドルを回して【車体をまっすぐにする】

④ハンドルを【まっすぐ】にして【バック】する

⑤左に曲がるスペースができるので、そのまま左に曲がって出る

^^;

これはやってみないと掴めないですよね・・・!
この感覚・・・身につくまでにはまだまだ時間がかかりそうです・・・!

何度も挑戦!何度も実践!

技能は実践しなければ絶対に解決できない問題ですから、続けて身に付けるために努力します〜

いつもクリックありがとうございますT_T にほんブログ村 イラストブログ ボールペンイラストへ

Topics

Pocket

関連記事

  1. 「理論と実際は違う」〜初めての高速道路で運転して感じたこと〜
  2. 最も悲しい学科「事故の悲惨さ」〜 車は人の運命を乗せている〜
  3. 仮免前、4つの壁が立ちはだかる〜効果測定・みきわめ・本試験〜
  4. 卒業検定、不合格から100点満点合格へ!〜自分の線と神様の線で行…
  5. 二段階「性格が運転に反映する」ことへの衝撃〜運転は人生の縮図だ〜…
  6. 麦わら、教習所へ通いだす。〜入校式篇〜
  7. 交通事故。命の値はいくらか?~初めての学科篇~
  8. 卒業検定、まさかの不合格…!だけど感謝 〜葦のように心と行いが揺…

facebookページ

摂理

マンガ聖書

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP