Report

あの頃は虚しかった。〜人は忘れたら何も残らない〜


あの頃は虚しかった

散々このブログでも書き綴ったかもしれませんが、虚しさをもっと中心に置いて何かを書いてみたいなと思いました。

こういう話って、友達同士ではできませんでした。家族にだってできませんでした。でも心の中で瞬間ぽっかりと穴が空いた気持ちになるとき、ほんとうに苦しかったのを覚えています。

すべてが「無」になってしまう。と思うと、今生きて見て感じている全てが「何のためにあるのだろう」と思っていました。人間の人生約100年と言われていますが、この100年は楽しいことばかりではありません。苦しいことや辛いことやもがくことや、ときには失敗をすることもあったり、詐欺にあったり、殺されそうになったり、事故に遭ったり、自殺したいと思ったり、殺したいと思ったり、憎みたいと思ったり、平和を願ったり、上手くいかなかったり、上手く行ったり、成功したり・・・・・

人生100年が、こんなにたくさんの感情がぐるんぐるん起こって、環境と状況がぐるんぐるん変化して、

でも最後は年を重ねて、身体が思うとおりに動かなくなって、頭もだんだんボケてきて、生きていた多くのことを忘れて、呆然として生きる人、何のために生きたのだろうと思う人、お酒を飲んでなんとなく時間を過ごす人、病気になって死に見つめるときになって深く考えて、人生の意味を振り返る人、痴呆症になって子どもの名前も思い出せなくなる人、動けなくて部屋にずっといる人、話す相手がいなくてテレビばかり見ている人、愛する人が亡くなっていくのを見る人、

なんで人生の最期ってこんなに物悲しいんだろうって思いました。

死にロマンがありますか。映画を観れば「ああ、こんな死に方したい」と思うこともあったかもしれません。でも殆どの方は人生の最期を想うと「虚しさ」を感じると思います。だから考えたくないです。

私は大学2年生の時が最高に虚しさを感じていました。どういう時に虚しくなるのかというと、大抵は「幸せ」を感じたときでした。

家族と過ごして「幸せ」のとき。

友達と遊んで「幸せ」のとき。

甲斐を感じて「幸せ」のとき。

興奮して騒いで「幸せ」のとき。

いつも隣に<虚しさ>が来ました。

<虚しさ>は幸せの背後にいつもいました。そして言いました。

虚しさ「今幸せだろう?でもこの幸せはいつまでも続かない」

そう言われると、すべての幸せが空虚に思えてきました。

「その人に笑ってもらって嬉しかったけど、その人は明日また、変わっている」

「さっきはすごく楽しかったけれども、みんないなくなったら、なんにもなくなった」

「頼ってもらったけれども、明日は頼ってくれるのだろうか」

「時間が経てば、今笑って過ごしている家族も友人もみんな、消えていく」

「この瞬間は楽しかったけれども、心に残っているものは、ない」

なんでなんでなんで、時間は過ぎるのだろう?

なんでなんでなんで、人は忘れるのだろう?

「見たなら忘れるな」という御言葉を先生が伝えてくださいました。「見る」ことは祝福だけれども「忘れたら不幸だ」とおっしゃったのです。

「忘れたら見なかったのと同じだ」

「見たのに忘れたなら、見なかったことの方がましだ」

なぜ?まだ見ていないならば、見たい気持ちが働くけれども、見ても忘れたならば、そういう気持ちもなくなって、やろうともしません。

大学時代小説をたくさん読みましたが、とくに「忘却」を扱った話を読むと、いつも胸が締め付けられました。人は「記憶から忘れたら」何も残りません。でも人はいつも覚えてほしいと願うじゃないですか。永遠に覚えてほしい。私の存在を・・・。

いなくなったら何の意味があるのか。生まれてきた意味がなくなるのではないか。そう思うのです。生まれたときはあんなに新鮮でハッピーなのに、どうして最期は寂しく孤独で侘しいのか・・・?

私は大学生のとき「人の死」について考えました。

当時盛んに無差別殺人事件に関するニュースで流れていて、もっと切実に考えました。

何のために生きているんだろう?

どうして何も知らない人に殺されなければならなかったのだろう?

それまで育てていた親はどれほど衝撃を受け失神する気持ちだっただろうか?

なぜ死ななければならなかったのか?(むしゃくしゃしていたから?え?そんな理由で殺すの?赤の他人を?)

はあ?て思いました。人間に「人生」がなくなったらなにもないのに。人生それ自体を「無」にする殺人事件を見ると、頭がおかしくなりそうでした。おかしいでしょだって。今まで夢も希望も理想も愛も感じて受けて与えて生きていた人が、他人がむしゃくしゃして殺したいと思ったから殺されたそうです・・・。納得できますか。そんな人生ってなんなのさ?と思いました。

だから無差別殺人事件を起こす人の心理について気になって本を読みました。読んだら、もっと虚しくなりました。私がむしゃくしゃしました。なぜかって?

「その人も、家庭に問題があって苦しんでいた人だから。愛を十分に受けられずに苦しんでいた人だから」

じゃあ誰に責任があるのか?殺人者の親なのか?親はどうだったのか?また愛に飢えていたのか?

この負の連鎖をどうやって止めるのか?無理じゃないのか?

芋づる式に、問題が問題を呼び、また問題が見つかりました。それを解決することは人間には不可能だと思いました。人間には解くことはできない問題だと分かりました。じゃあここまで知った私ができることって何なんだろう?それでシナリオライターになって、この現実を伝えたいと思ったのでした。虚しい人生の中に希望を与えたいと思ったのでした。

世の中を見たら、虚しいことばかりでした。でもそれを感じない人もたくさんいます。今が楽しいからだと思います。

神様は人生を虚しく創造されませんでした。これが摂理で得た私にとっての最高の答えでした。生きる意味がわからなかった私にも、世の中に起こる数々の虚しい事件たちにも、最高の答えがここにありました。神様を知ることで分かりました。

「虚しさ」という大きな問題と向き合って・・・次回に続きます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪麦わらさん専用LINEも作ってみました。(友達追加が必要です)お問い合わせ・感想はLINEでもどうぞ![プロフィール詳細はこちら]