Loading

BLOG

漫画「人生100年、肉体のためだけに生きるんか?」〜聖書で知る。人間の中にある永遠〜

Pocket


今日は「人生100年、肉体のためだけに生きるんか?」というテーマで疑問をまとめてみたいと思います!

肉体のために生きる?疑問集

疑問①「人生何のために生きるのか?」

生きていると、「自分は何のために生きているのだろう?」と感じることがありますよね。
子供も大人も祖先も分からない、人類最大の問題かと思います。

オヤビンもコブンも目の前に置かれた人生をただ歩んでいました。
平等に時間は与えられているけれども、ある人はお金のために生き、生活のために生き、
楽しむために生き、愛し愛されるために生き、ある人は目的もなく生きています。
そして時になると、みんな死んでいきます。

どんなに有名になったとしても、どんなにお金を稼いだとしても、どんなに人に親しまれて生きたとしても、いつかは死にます。

死んだら、稼いだもの得たものをひとつも持っていくことができません。

逆に、生きている時に悪いことをして、人を殺したり、詐欺をしたり、不法、不正の生を生きたとしても、その人が嘘をついて真実を隠し、死ぬ時まで喜んで遊んで生きたとしても、死んだら人間はその人を罰することはできません。

どんな人生を生きたとしても、肉体だけしかないなら、得たものはいつか全部手放すようになります。神様は、そんな人生を私たちに与えるために、創造なさったのでしょうか?

疑問②「神様は137億年もかけて天地を創造した理由は何か?」

ただ100年の人生を生きるようにと、神様が137億年もかけて創造したのでしょうか?
結構な投資ですよね^^;
まるで蟻が生きるようにと、100年間かけて豪邸をつくったようなものじゃないですか。
人間だってそんなことしないのに、神様がそのような投資をして宇宙地球万物人間をつくる必要があったのでしょうか?

 

疑問③「イエス・キリストは肉体のために十字架にかかったのか?」

キリストはなぜ十字架にかかる必要があったでしょうか。
十字架は当時最も過酷で残忍な処刑方法だと言われています。
肉体が100年、豊かに生きるようにとキリストが十字架にかかったのでしょうか・・・?
確かに病人をお癒しになったし、心の天国を得させる御言葉ではありましたが、それによって地上が平和になったらいいね、
という話でもありません。それくらいなら迫害するユダヤ人たちが待っているエルサレムへ戻る必要がありません。
もっと他の国へ回って御言葉を伝えることもできたし、十字架にかかる前に逃げることも十分できました。
でも、なぜ十字架にかかったのでしょうか・・・?

人間は肉体しかないの?

それでは、まず人間の肉体について書かれている聖句を引用してみましょう!

9:27そして、一度だけ死ぬことと、死んだ後さばきを受けることとが、人間に定まっているように(ヘブル9:27)

4:14あなたがたは、あすのこともわからぬ身なのだ。あなたがたのいのちは、どんなものであるか。あなたがたは、しばしの間あらわれて、たちまち消え行く霧にすぎない。(ヤコブ4:14)

90:10われらのよわいは七十年にすぎません。
あるいは健やかであっても八十年でしょう。
しかしその一生はただ、ほねおりと悩みであって、
その過ぎゆくことは速く、われらは飛び去るのです。(詩篇90:8〜10)

肉体は死ぬことが定まっています。そしてそれまでの間、明日がどうなるのかも分からない不安を抱えながら、しばしの間生きて、死にます。
また、私達のよわい(年齢)は健康であっても80歳だと話しています。
現代は長寿であれば120歳生きるようになりました。
でもどんなに頑張っても残念ながら「永遠」に生きることはできません。

肉体の特徴をまとめると

・明日のこともわからないでしばしの間生きる。
・一度死ぬことが決まっている。
・人生長生きできてもせいぜい80〜120年まで

わざわざまとめなくても知ってるよ!という話ですね^^;笑

さて、聖書には他にもこういう聖句があります。

15:44肉のからだでまかれ、霊のからだによみがえるのである。肉のからだがあるのだから、霊のからだもあるわけである。(コリントⅠ15:44)

肉のからだがあるように、霊のからだもある、と話が出ています!

しかし、霊って何?て感じですよね。

日本にいると、暗闇にドロドロドロ〜て出てくる幽霊とか、そういうのを想像しちゃいませんか^^;

では霊について聖書を引用してまとめてみましょう!

霊って何?

4:16だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。(コリントⅡ4:16)

12:7ちりは、もとのように土に帰り、霊はこれを授けた神に帰る。(伝道12:7)

外なる人というのが「肉体」のこと。そして内なる人というのが「霊」のことです。

肉体は年を取るほど老いて死にますが、霊は日ごとの新しくされるとあります!

そして、ちり(=肉体)は死んだら土に帰りますが、霊は神様のもとに帰るとあります。つまり、霊は永遠に存在するということです。

永遠に生きる霊のため

さて、人間には「霊がある」ということが分かりました。そして霊は<永遠>に生きる存在だと知りました。私達の肉の人生はわずか100年たらずしか生きることができませんが、私達の中に霊が存在していて、死んだら霊が永遠に生きることになります。

神様は137億年かけて、人間の肉体だけを見て創造されたのではありませんでした。核心は<霊>のため。

そしてイエス・キリストがなぜ十字架にかかったのかというと、私達の<霊>を生かすためでした。

3:13天から下ってきた者、すなわち人の子のほかには、だれも天に上った者はない。 3:14そして、ちょうどモーセが荒野でへびを上げたように、人の子もまた上げられなければならない。 3:15それは彼を信じる者が、すべて永遠の命を得るためである」。

「モーセが荒野でへびを上げる」話は「民数記21:4~9」にあります。

要約すると、モーセがイスラエルの民を率いてカナンに向かっていたのですが、人々はモーセを不信しました。そこで神様が火のへびを送ると、多くの人が死にます。しかしこのままだと、全員死んでしまうかもしれないと、モーセが民のために神様にお祈りすると、神様は「青銅のへびをさおにかけて上げるようにし、その青銅のへびを仰いで見た者は生きる」とおっしゃいました。そして仰いだものは生きました。

これと同じく、イエス様の時代も人々がイエス様を不信することで、人々の霊の救いが成せない状況でした。そこでイエス様はご自身が十字架にかかって人々の罪を背負い、それを信じる人は救われるようになさったのです。そして霊という永遠な命の実を得るようにされました。

 

だから人間は肉体のために生きるのではなく、根本は霊のために生きる存在なんです^^

霊について深く知るともっともっと大切な話がたくさんあるのですが、今日はこれまで!

 

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

麦わら

麦わら

投稿者プロフィール

麦わらです^^
イラストと音楽が好きです。好きな楽器はカホンです^^
芸術っていいですよね。絵も音楽もあるだけで、人生が楽しく、豊かになります。好きな食べ物はお寿司系、卵系、大戸屋系。バランスの良い食事を心がけてます。ゆっくりしてくださいね〜。

漫画「ノアの方舟って?全世界が洪水で裁かれた?」〜洪水の疑問と聖書の読み方〜

漫画「愛って何や?」〜聖書の核心、神様の愛、愛の本質を学ぶ〜

関連記事

  1. 新約聖書を読みながら「今」を備える。

    2016.12.23
  2. 「大きな人になりたかった」人生の選択〜誰についていくのかで運命が変わる〜

    2017.07.24
  3. 漫画「知恵の王、ソロモンって?」〜「知恵の王」と呼ばれるまで〜

    2017.01.03
  4. 漫画「これ何や?新約聖書の通貨をググる」デナリ・タラント・コドラントなど…

    2017.01.07
  5. 空の空、いっさいは空である 【伝道の書から考える】

    2014.11.24
  6. 漫画「天使と悪魔って?」〜どうして悪魔は存在するの?誕生の起源をたどる〜

    2017.01.08

facebookページ

最近の記事

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

PAGE TOP