趣味

ふと浮かんだ物語「歳がとっても変わらない人」


1475830498222

『歳をとっても変わらない人』

あるところに一人のおじいさんが、駅の改札を出たすぐにある階段に座り込んでいました。

とても複雑そうな表情をして、頬杖をついていました。

そのとき、私の心はこう思いました。

「この人の悩みは、昔から続いているんだろうな」

そのとき、私の脳裏に一人の青年が映りました。

青年は、目の前のおじさんと同じような態勢で、頬杖をついていました。

青年の心はこうでした。

「どうしたらこのモヤモヤとした気持ちはなくなるのだろう。食べても、遊んでも、いつもついてまわる。

でも、この心もいつかは解けるだろう。歳をとれば、解決される日がくるだろう。きっとそうだ」

青年は立ち上がり、そのままどこかへ消えていきました。

そしておじいさんの姿だけが見えました。

おじいさんの心はこうでした。

「結局この歳になっても、解けるものはなかった。いつかは解決されると思ったけれど、

そうじゃなかった。今自分は、どうしたらよいのだろう」

 

 

時間がすべてを解決してくれるのではない。

考えが変わらない限り、歳はとっても、変わらない。

 

 

1475831754427

男性が頬杖をついて、座りこんでいる絵を描きたくなりました。

実は、私が実際に見た人でした。ですが、この人の心を、私は知りません。

ただ、見ながら、ふとこの物語が浮かんできたのでした。不思議ですね。

私たちの前には、問題がいつもつきまといます。それを解決して、また解決する毎日です。

学校なら単位や勉強、行事や、発表など、いろいろなことがありますよね。

仕事に行けばもっとそうです。仕事で生じる問題、問題、問題。それを解いて解いて解く毎日です。

ふとした瞬間、

もっとも深くて大きい問題。ああ、実はこれを解決できていない。

いつの間にか、歳をとってしまい、

考える暇もありません。

そういう時、ありますか?

もしかしたら、そのような問題が最後になって思い出されて、

駅の改札を出たすぐの階段で、

こんな風に座り込んでいたのではないのかなと、

空想した麦わらでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪麦わらさん専用LINEも作ってみました。(友達追加が必要です)お問い合わせ・感想はLINEでもどうぞ![プロフィール詳細はこちら]