仕事

営業、交渉、もっとよくやってみよう!


私はたくさん縛られてるんだなってことがとてもよくわかった。

特に仕事は、ほんとに苦しいことがたくさんあって、

あの問題、この問題、
お客さんと面と向き合って話すと思うと

うおあぁあ主よーーー
共にしてくださぁああい

と切実でちぎれる気持ちになることが多いです。

最近も、ある調査員さんが取ってきたものが、お客さんの求めているのと違うから、
お客さんが、「そんなの払わない」と言い出した。

たしかに。たしかに、
調査員さんもミスはあったけど、、
でもこれ、あなた(お客さん)もさ、、
みたいなところがあったんですが、
私はそれを言ってはいけないのかなあと思ったり、仕事的にタブーなんだろうか。。と思ったり、、

ともかく話せる範囲まで話してみようと思って、今日お客さんに話してみたけど、

でもさ、

とやはり払わない方向になってしまった。。

うおあぁあ終わった。
でももうやるだけやったよな。
すみません調査員さん。

で、終わるのかと思ったけれども、
上司を通して

「え。じゃあ麦わらさん被れんの?お金?」

となって、

さらにうおあぁあぁあ。

胃がキリキリなったわけです。

でもそのあと、上司や先輩からたくさんアドバイスをもらって、分かったことがあった。

「交渉は一回ではない」

一回で決着をつけなくてもいいんだ…!!!

もうひとつは

「払ってもらえるならやり方はなんでもいい」
※もちろん正常なやり方で

これが塞がれたらあの方法でやってみよう!
多様なアプローチで、とにかく回数重ねてみよう!

御言葉でいう、
ダメなら違うやり方でやろう!!
目的は目的だ!!
みたいな感じみたいですね。

これ、多分、営業マンなら誰でも知ってることなんだと思うんですが、、

私からすると、ほんとに枠が外れた感じだった。

あまりこういう経験がなかった私。
ひとつの方法しか解決案を見い出せない過去の仕事とは違って、

回数だっていくらでも!!!
やり方もひとつじゃない!!!

ということが新鮮でもあり
負担でもあり←
面白さでもある。

何度も何度も積み重ねたコミュニケーションが、信頼を厚くし、さらには苦い経験までも財産にする。

諦めるなら、うちで払うことを選択する以外ないけど、

諦めないなら道はたくさんあるんだ!!!

ということを学んだ。

わたしは正直、はやく事を終わらせたい気持ちがあって、一度やってダメなら終わり。
ごめんなさい。

そうやって、
ここまでだと
諦めようとしてた。

でもそうじゃない。

引っ掛かるものがあるなら、
やってみようよそれ!
当たってみよう!!

そうかあ、営業ってそんか感じなんだな?

「もっとよくやってみよう!」

神様にそう言われた気がした。


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪[プロフィール詳細はこちら]

コメントを残す