Loading

BLOG

介護職の現場 加藤忠相さん〜認知症患者への愛する心と実践に感動〜

Pocket

仕事って、本当にいろいな職種があるけれども、ひとつの職業をとってみても
どう取り組むのかで得るものが大きく変わるのだなあと感じます。

ふと介護職の現場ってどんなものだろうって少し調べてみたのですが、
YouTubeで見つけた番組が、とても胸打たれる内容ばかりで、涙涙でした・・・

認知症患者と向き合う、加藤忠相(かとう ただすけ)さん。
25歳で1億円の借金をかけて企業し、(株)あおいけあを設立。

認知症は脳の細胞に問題が起こったために、日常生活が正常におくれなくなる病気です。
また、経験したこと、体験したことがあっても、忘れてしまう病気でもあります。
それゆえに周囲の方はどう接していいのか分からず、ストレスを抱え、当たってしまいます。
でも認知症の患者の方は好きでそうなったわけではないですから、自分がそうなってしまったことに対する困惑と動揺が隠せません。
普段通りのコミュニケーションがとれなくなってしまうので、心を閉ざし、家に引きこもったり、居場所を失って辛く思われている方が多いといいます。

加藤忠相さんはそういった方々に対して、真実に愛で向き合っていました。

どうしたら、ひとりひとりが、心を開いてくれるのか。
居場所が、ここにある。
そう思ってもらうために、様々に答えのない努力をしていきます。

忘れてしまうひとりひとりにどうやって接しているのかといったら、
記憶ではなく「感情」で働きかける、と話していました。

また、自分を必要としてくれる人がいる。ここに居場所がある、そう思ってくれることで認知症の方々の心が開いていきます。

「思いも、支えてこそ介護」

今日元気にしていても、明日どうなるのか分からない・・・
だから何かやりたいことがあれば、実現できるようにサポートする。
思いも支えてこそ介護だと、加藤さんはおっしゃいました。

うるうると、涙があふれました。

こんな風に仕事をする人が世の中にいるんだなあ。本当に希望だ。
こういう人がどんどん増えていったらいいなあ。
おじいちゃん、おばあちゃんの笑顔を見ていると、自然と笑みがこぼれました。

最初は頑なに拒んでいた心も、愛で迎える加藤さん、またスタッフ方と接して心を開いていく過程を通して、
やはり”愛”が最高だと思いました。

愛は

「相手としての愛」であってこそ、

生きている愛だ。

(鄭明析先生の御言葉)

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

麦わら

麦わら

投稿者プロフィール

麦わらです^^
イラストと音楽が好きです。好きな楽器はカホンです^^
芸術っていいですよね。絵も音楽もあるだけで、人生が楽しく、豊かになります。好きな食べ物はお寿司系、卵系、大戸屋系。バランスの良い食事を心がけてます。ゆっくりしてくださいね〜。

卒業検定、不合格から100点満点合格へ!〜自分の線と神様の線で行った奇跡〜

「引き上げ、栄光、感謝で捧げよ♪」〜摂理でミュージカル劇?楽しいひと時〜

関連記事

  1. どうなるアメリカ大統領選!?開票速報まであと少し。神様の心境は・・・

    2016.11.09
  2. 報道から考える、神様の善と悪の導き方

    2015.08.28
  3. 「今楽に生きること」と「姿勢を崩して生きること」の結果は似ている

    2017.08.20
  4. 朝が起きれる!寝る前の<祈り>の効果「徐々に」体感

    2016.07.08
  5. 心のよりどころ、みんな探している

    2016.09.21
  6. ジムに通い続けて10日目に実感する継続の力!

    2016.05.24

facebookページ

最近の記事

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

PAGE TOP