味を読む

「できる」が個性ではない 【摂理と私*12】

Pocket


私の悩みの一つに、
私の個性ってなんじゃろな?
という悩みがありました。
私は幅広く、比較的なんでもやれちゃうタイプです。
文章書ける、
絵も描ける、
ドラムも叩ける、
歌も歌える、
ハモりもできちゃう、
写真も撮れる、
スポーツも苦手意識があったけど、やればできる、
それで、摂理に来て一層「できる」が増えました。
しかし、「できる」けども、ものすごい上手なのかといったら、
そうではありません(*TーT)人(TーT*)
みんなそこそこ、並々にできるのです。
だから、自分は「できる」けども、
自分より上手い人が出てくると、
「ああ、私は出る幕ではないな」と
勝手に比較してしょげてしまう私がいました。
そんな自分が嫌だったけども、
実力はすぐにはつかないから、モヤモヤとしていました。
この比較癖をなんとかしたいな…
しかし、鄭明析(チョンミョンソク)先生が教えてくださった御言葉でこの問題が解かれました。
とんか御言葉だって?
先生はこうおっしゃいました。
やってみればみんな「できた」
やれば「できる」
やらなければ「できない」
全てのことはやさしかった。

どういう話でしょうか。
先生はそれこそなんでもできます
サッカーもできる、
絵も描ける、
指揮も振って、
自然の管理も上手で、
文字も素晴らしい。
スポーツは何をやっても上手だし、
先生の讃美はものすごいです笑
先生がこの御言葉でなんておっしゃったのかというと、
全てのことはやさしい。
全てのことは力を多く入れたらできない。力を抜いてやってこそ上手くできる。全てにおいてこれと同じくこうだ。
この原理の上に個性的にやることだ。


この御言葉を聞いて私ははっとさせられました。ああ、個性というのは「できる」ことではないのだと。
できることはやさしい。
やればみんなできるんだ。

その上に、それぞれ与えられた個性にそって行うことなんだと気付かされました。
人間は数千数万種類のことが「できる」んだと先生はおっしゃいました。
だからできるできないで自分を限定させるのではなく、その上に表現できる自分の個性があるから、その個性でもっと天に愛を捧げたらいいんだなと分かったのです(*´?`*)
摂理に来ると、こうだと思い込んでいた概念が崩れるから、縛られていたものから真実に自由になることができます!
本当に御子主に出会えたことに心から心から感謝しますっ(*´□`*)

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP