日常

皆既月食で神様の時を想う〜1時間17分〜


今日は月末なこともあって、残業が長引き、御言葉は直接聞けませんでした。

が、帰宅途中に、始まっていました。

皆既月食

写真は同じ教会のメンバー(コブンの原型笑)が撮影してくれたものです。

よく撮れてますよね!!

 

完全に皆既月食になるまで、外でしばらく立ち止まって見上げていました。

そしてついに・・・

 

 

不思議です。

真っ暗になるのではなくて、赤くなるんですね。そして丸いきれいな形が見える。

皆既月食はこちらの記事によると、なんと1時間17分続くそうです。

117というと、摂理では意味のある特別な数字。

メンバーはみんな驚いて、LINEのルームに反応しまくっています笑

 

そして摂理では特別にお祈りを神様に捧げているのですが、それが明日で終わります。

ちょうどその日に合わせて、皆既月食が終わります。

とても不思議で、神様の時を感じました。

 

詩を書きたくなってきた。

「月が現れるときは」

神様

今 皆既月食中です

涙が出ました

地球と 太陽と 月が 一体になっています

不思議で仕方がありません

 

神様

皆既月食が終わる時

希望の光が 溢れて出ます

希望の時も すぐそこ

ほんとうに もうすぐなんだ

もうすぐで

ドキドキして

それで月

隠れちゃったんだなあ

 

もう一度 現れるときには

笑顔で

笑顔で会いましょう

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪[プロフィール詳細はこちら]