日常

フリーの8ヶ月はブランクだけど、私にとってはブランクではなかった。


就活は終わったものの、なかなか仕事が始まらない麦わらさんです笑

入社前に書かなければならない書類たちがたくさん送られてきて、四苦八苦しておりますが、これを返送すれば、否応なしに仕事ははじまるのだなあと思うと、最後のフリーの期間を噛みしめる大切なひと時だと思いました。

もともと3ヶ月の予定だったフリーの期間が、いつの間にか8ヶ月になっていました。

普通はこの期間を社会では「ブランク」として見られますが、この期間、ブランクという一言では収まらないくらい、私にとっては大切なひと時でした。

圧迫面接のときこんなことを言われました。

「この期間何をやっていたんですか?せめて海外に○ヶ月行ったとかないとねぇ」

私はこの質問を聞いて、虫の居所が悪くなりました。人の人生をなんだと思っているのだろうか・・・?と思いました。

海外に行かなくても、日本だって、大切なことを学んで、本当に貴重なひと時を過ごすことはできるのに。

人の目から見てきらびやかで、大きなことをやらないと認められないかのような話し方に、私は久しぶりにカツンときました。(※カチン)

人生、単純ではありません。目に見えるもの、耳に聞こえるものが大きいことなら素晴らしい人生なのかと言ったらそうではありません。些細なところに、大切なことがたくさんあるし、学ぶことがたくさんあります。

圧迫面接でわざとそのような質問をしたとしても、本当に悲しい質問だなって思いました。

視野を広くするために、必ずしも人が驚くべきことを行う必要があるでしょうか。私は教習所に通って学んだ小さな知識のひとつひとつが、人生にとって、とても大切な学びをしたと思いました。

そしてこれまで様々に行ってきたすべてのことも、私にとってはやり甲斐でした。それが人から見て大したことがないと判断されても、私にとっては本当に貴重な時間だった!と胸を張って伝えたいです。

神様を信じるようになって本当に良かったと思うのは、人生を縛られずに生きられるようになったことです。

人の目から見た時にいいとか、社会の常識とか、こうしたら就活に有利だ不利だという言葉たちに縛られずに生きられるようになったことです。

自分がもっとイキイキと生きる道があるのに、その瞬間の人の目と印象を良くするために、無難な方向に行ってしまうことはあるでしょうか。

本当にブランク(空白)かどうかは、その人にちゃんと聞いてみないと分からないことだと思います。そして神様の目から見た時に、本当に何がブランクで、何がブランクでないのか分かるのだと思います。だからその・・・目に見えることと言葉だけで判断してほしくないなあって思った麦わらでした。

 

本当はそういうことを書こうと思ったのではなくて、仕事をするまでにも、時があるんだなあって思ってそれを書きたかったんですが、すごく話がズレました笑

成長に応じてくださる新しい環境。そこでまた成長できるようにと、神様がくださった環境。

全てを導いてくださった神様に感謝して、次のステップに上がっていきたいと思います^^


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪[プロフィール詳細はこちら]