イラスト

クランクイン!映画制作、再び!?


CCF20151211

やってまいりました!ついにクランクインです!!

はて何事か・・・という反応が見受けられます。

まさに言葉の通りクランクインしました。

復活!映像制作!です(^^♪

本日は公園の真ん中で、(昼間っから)大きな声を出しながら撮影しました。

 

ここで学んだ演技のポイントを3つお伝えします。

 

① やりすぎなくらい大げさに!

CCF20151211

これは人の演技を見ていても思いますよね。中途半端だと、うう~ん、どうもその世界観に入っていけない。

自分では精一杯やっているつもりなのですが、見直してみると、あ、そうでもない。

恥ずかしさが欠片もあってはいけません!笑

今日の麦わらさんは、前回よりも次元をあげて、か~な~り大げさな演技をしたのですが、

公園にいた(片手に酒の瓶、片手にたばこを持っている)おじさんが私に近づいてきて言いました。

「君、いい演技するね~~!!!上手いよ!!!役者だねえ~~」

と言って去って行かれました(笑)

顔を赤らめて(確実に酔っぱらっていたと思いますが)

と、とりあえずうれしかったです(笑)

 

② セリフはゆっくりはっきり大きな声で!

CCF20151211

ここも非常に重要です。

やっていて思いましたが、自分が思っている以上に意外と早い早い!!

普段しゃべっている流暢な日本語だと、映像で見た時に聞きづらさがあるみたいです。

また外で撮影していると、まわりのガヤガヤ声、工事中の声、車の音にまみれて消えてしまうことがあります。

せっかくいい演技をしたのにもったいないですよね・・・。

セリフはゆっくりはっきり大きな声で!これ、テストに出ます。

 

③ 心を込めて!

CCF20151211_0001

もちろんですとも!!

と言いながらも、なかなか心を込めるのは大変です。

とくに演劇と違って、映像は「はじめのシーンから撮る必要がありません」

演劇は一から百に向かって演技をしなければいけませんよね。

しかし映像の場合、状況によっては十から撮る必要があるし、三十から撮る必要があります。

セリフも全部丸暗記して全部その場で一気撮り、ではなく、一部分だけ、そこだけのセリフを抜き出して撮影します。

なのでなかなか心が込められないんですよね。

普段から脚本を深く読んで、セリフを(キャラクター)を自分のものにしてこそ一部を撮影してもしっかり撮れます。

今日は主に悪役をメインに撮影したのですが、その子、普段とてもいい子なので、非常にやりにくそうでした(笑)

演技を通して自分を開発することができて楽しいですね!

私は悪役でしたが、とっっても楽しかったです(笑)

 

最後に、信仰を持つ者として大きなポイントがありました。

・とにかく主を呼ぶ!神様を呼ぶ!

です(笑)

 

一人ではなく、天と共につくるから、もっと面白いです。

演技が下手だとしても、天が共にすると、不思議と涙が出たりします。

そんな風に普段と違った毎日を過ごせることに、心から感謝したいです(^^♪

 

興味ある方、一緒に撮影しましょう~~!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪麦わらさん専用LINEも作ってみました。(友達追加が必要です)お問い合わせ・感想はLINEでもどうぞ![プロフィール詳細はこちら]