味を読む

方向変換・幅寄せ「やり方」のポイント〜ハンドル操作・ポールの位置〜

Pocket

今日ははじめて方向変換をやったのですが、率直な話、難しかったです・・・(;_;)
やはり後方の間隔がつかめないのが、難点だなと思いました。
めったに後ろ下がりませんから、もうバックのコツも忘れていました^^;

バックのコツ

・前輪がぶつかったら、前輪がぶつかった方向にハンドルを回してバックする

・後輪がぶつかったら、ハンドルはそのままでバックする

路上に出る前はS字やクランクといった難しい道を走行しなければいけないので、バックも必要に応じて行いましたが、
路上に出てしまうと、そんなに複雑な道には行きませんし、方向変換もしないので、検定以来久しぶりに行いました。

さて、方向変換ですが・・・

右から左にまっすぐ行っていたけれども、
右に方向変換したい!(来た道に戻りたい)というとき、
道横に入れる空間にバックで入って、右に出るという感じ・・・(わかるかしから・・・・)

さて、教官に何度も方法を教えてもらったものをまとめてみます。

<左バックの場合>
※教習所の感覚なのでもしかしたらイメージしにくいかもです・・・。

①曲がり角(にあるポール)に肩が並ぶまで前進

②並ぶ位置まで来たら、ハンドルを【右】に【半回転】して少し前進

③少し前進したら、ハンドルを【まっすぐ】にして少し前進

④サイドミラーを見ながら、車の【おしり】が【曲がり角付近】に来るまでバックする。
 ※ここの感覚を掴むのが難しい・・・(;_;)
 曲がり角よりもバックしすぎると、曲がった先の奥の壁にぶつかります。
 逆に、曲がり角より手前にすると、曲がった手前の壁にぶつかります。

 ※バックしていると、ぐるりと車が回転しているので、車体がまっすぐになったなと思ったら
 ハンドルをまっすぐにして続けてバックする。

⑤無事に入ったら【右】に方向指示器をつけて、右に曲がる

※<右バック>はこれと逆の操法

こちらの動画も参考に…

幅寄せも

これと平行して覚えるのが<幅寄せ>なんですが、幅寄せもなかなか難しい・・・。
車を右に曲がって出たいとき、右側に車が寄りすぎていると、右に曲がることができません。
(右に曲がるとき壁にぶつかってしまうため)

だから、【左側に寄せ】てから【右】に曲がる必要があります。
それを幅寄せというのですが、頭の整理がつきにくい麦わらさんは、教官にいちいち確認しながらひとつひとつ覚えていきました。

<幅寄せ〜左に出たい時〜>
(左に出たいんだけど、左に寄りすぎていて出れない時)

①【右】にハンドルを回して、【右の縁石ギリギリまで寄る】

②ハンドルを【まっすぐ】にして、サイドミラーが【ポール(壁)の少し前に出るまで】前進

③【左】にハンドルを回して【車体をまっすぐにする】

④ハンドルを【まっすぐ】にして【バック】する

⑤左に曲がるスペースができるので、そのまま左に曲がって出る

参考までに

これはやってみないと掴めないですよね・・・!
この感覚・・・身につくまでにはまだまだ時間がかかりそうです・・・!

何度も挑戦!何度も実践!

技能は実践しなければ絶対に解決できない問題ですから、続けて身に付けるために努力します〜

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP