味を読む

摂理で叫ぶ!「生ぬるい精神よ熱くなれ~」

Pocket

熊もぬるいとこんな感じ?

熊もぬるいとこんな感じ?

ぬるいっていいことがあまりない。

「これからは生ぬるく生きてはならない」

「熱いか冷たいかにしよう」

ぬるいって、非常に中途半端ですよね。

ぬるいっていうと、何をイメージしますか?

お湯がぬるい

お湯。お湯がぬるいと、ただぬるいだけで、何かを生み出すことができません。

熱ければ、野菜を柔らかくし、レトルト食品を解かし、煮込み料理もできます。

ぬるいお茶よりも熱いお茶が飲んでて、「ぷは~」てなります。ぬるいと、「うん」てなります。

ぬるいお茶は捨てたくなりますね。冷たければそれはそれでおいしいのに、ぬるいと捨てたくなります。

また、ぬるいお風呂に入ってみたときの、あの空虚な心・・・・。

感じた事ありますか?

肌にびりびりするようなお湯を期待して入ったら、適温以下のあの、寒いんだか温かいんだかの境目。ずっと入っていると、むしろ寒さを感じます。入浴後も、「お風呂入ったっけ?」てなりせんか。入ったのに入ってないような感じですよね。

心がぬるい

ぬるい心というのが、一番もったいないことだと思います。

こんな人に会いました。

「変わりたいんです。でも恐いんです」

「変わりたいんです。でもできないかも」

誰でもみんな「変わりたい」と願ってはいるんです。しかし、どれくらい本気で「変わりたい」のかで、機会を掴む人と、掴まない人かに分かれるのだなと思いました。

変わりたいのに、一歩踏み出しきれない人。変わりたいのに、あきらめてしまう人。

熱い心に自ら水をかけるようにして、その位置から動けなくさせています。

しかし全てのことはやってみなければ分かりません。

鄭明析(チョンミョンソク)先生は、すべてのことを「熱い精神」によって解決してきました。

絵を描くことも、人前で話すことも、スポーツすることも、決して自ら「無理だ」「できない」と言ってあきらめませんでした。

やるならできるまでやる」「最後までやる」

このような熱い精神で実際に行うから、結局すべてのものを治めてしまいました。

「考えの強度を上げなさい」

「考えの熱を上げなさい」

この一言、私も何度も自分に問いかけて、生ぬるい精神を抜け出していきたいです!熱い精神よ甦れ~~~

 

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP