新約聖書を読みながら「今」を備える。

Pocket

最近、新約聖書を地道に読み進めているのですが、
読むと学ぶことがとてもたくさんあります。

当時、御子がイエス様の肉体を通して初臨なさいました。

だからイエス様を信じて従う弟子たちや、群衆たちは、イエス様のことを様々に解釈していました。

「この人は預言者かもしれない」

「エリヤかもしれない」

「神の子キリストかもしれない」

そして、病人たちや、近くに病気をして死にそうな人がいると、イエス様を大声で叫んで、とっても切実に癒やしてもらえることを願いました。

イエス様はいろんな病気を持っている人たちに対して、癒やしを施されるとき、いつも決まった言葉で締めくくっています。

「あなたの信仰通りになるように」

「あなたの信仰があなたを救った」

絶対にイエス様の言葉通りになる!必ずイエス様が癒やしてくださる!
そのような信仰を持った人たちが、病気を癒される大きなキセキを体験するようになりました。
イエス様には全能なる御子が霊で臨んでいたから、そのような神のような奇跡としるしが起こったのです。

もし今この時、御子が肉体を着て現れたとしたら、
私たちはどのようにしてその方に接するでしょうか。

私は考えました。当時のイエス様を信じて慕っていた異邦人ほどにも、そのような信仰を持って接することができるだろうか。
新約聖書でイエス様を信じて生きていた人たちほどにも、切実な心で接することはできるだろうか。
それは「今」どのように考えて生きるのかで、変わってきてしまうのではないかな、と思うようになったのです。

最近新約聖書を読むと、なんだか胸にぐっときちゃうのですね・・・。
私も、今考えを正さなければいけない時を迎えているなと感じています。

「見よ、わたしはすぐに来る。報いを携えてきて、それぞれのしわざに応じて報いよう。
わたしはアルパであり、オメガである。最初の者であり、最後の者である。初めであり、終りである。いのちの木にあずかる特権を与えられ、また門をとおって都にはいるために、自分の着物を洗う者たちは、さいわいである」(黙示録22章12〜14節)

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

MUSIC

著作権について

サイトに掲示された摂理の絵、写真、文章、映像などの著作物一切は(福音の伝播、信仰、教会の親睦、宣教、伝道…など適切な項目を選択)の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。

『むぎマガ』を購読する?

更新情報のほかに、生活に元気と癒やしを与えるコラムを流します^^お友達追加する感覚でどうぞ〜

■更新頻度 7〜10日に1回

Post Views

PAGE TOP