摂理のエステル!?チョウン牧師

Pocket

Esthermillais

出典:wikipedia

エステルをご存知ですか?

エステルは聖書に出てくる人物ですが、聖書では珍しく、女性が主人公です。

エステルはモルデカイの養女で、ユダヤ人でした。しかし自分がユダヤ人であることは、隠すようにと言われてました。ある日、ペルシャの王アハシュエロス王の后であったワシテが王の言うことに反抗したことをきっかけに、エステルが后妃に抜擢されます。エステルは大変美しく、ワシテよりもずっと品格を備えていたので王様に愛されました。

「あなたは行ってスサにいるすべてのユダヤ人を集め、わたしのために断食してください。三日のあいだ夜も昼も食い飲みしてはなりません。わたしとわたしの侍女たちも同様に断食しましょう。そしてわたしは法律にそむくことですが王のもとへ行きます。わたしがもし死なねばならないのなら、死にます」。4:17モルデカイは行って、エステルがすべて自分に命じたとおりに行った。 エステル記4章16節

「わたしがもし死なねばならないのなら、死にます」と、一度でも決心したことがありますか。

私はそんな決心をしたことがありません。平穏に生き、自分のことばかり考えていましたから。

しかし、大切な人、愛する人がいるならば、このような心が湧いてきますよね!

エステルは自分の民族であるユダヤ人が滅ぼされようとしていた時に、自らを犠牲にし、王の前で大きな駆け引きをしました。その時、全てのユダヤ人たちも、エステルのために3日間断食をして神様に祈りました。

天の前に条件を立てて、準備したので、結局エステルもユダヤ人たちも救われ、殺害しようと計画した人(ハマン)が結局殺されることになりました。

このように果敢に命を守ろうとする女性の姿を見ると、チョウン牧師が浮かんできます。

チョウン牧師は御言葉を伝えるのが上手いばかりでなく、心が熱く、大切な命を真っ先に守ろうとします。

チョウン牧師が祈っている姿を見たことがありますか。

まるで火の塊のようで。見ているだけでも心が熱くなります。

本当に熱く、私たちのために祈ってくださるので、自然と涙が流れてきます。

彼女の生き方は、エステルのようにまっすぐで、人々に力を与え、死ぬところから生きるようにさせてくれます。

一度会ってみたら、間違いなく落ちていた心が奮い立つことでしょう(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

MUSIC

著作権について

サイトに掲示された摂理の絵、写真、文章、映像などの著作物一切は(福音の伝播、信仰、教会の親睦、宣教、伝道…など適切な項目を選択)の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。

『むぎマガ』を購読する?

更新情報のほかに、生活に元気と癒やしを与えるコラムを流します^^お友達追加する感覚でどうぞ〜

■更新頻度 7〜10日に1回

Post Views

PAGE TOP