味を読む

お風呂場の大掃除に励みつつ、頑固な汚れについて語る

Pocket

今日はお風呂場の大掃除をしました。

カビキラーとか、マジックリンとか、マイペットとか、
シュッシュするものはすべて使いました!

しかし、水垢ってほんとに頑固ですよね。
お風呂場備え付けのたわしでえらいゴシゴシゴシゴシしたのですが、
落ちないやつはなかなか落ちない。

なので、スポンジの裏とかも使ってより密にゴシゴシゴシゴシして
ようやく汚れを落とします。

それを、四方の壁と、床と、扉のガラスと、天井と、全部やるから、
相当水びだしになります(笑)

掃除って結構エネルギー使いますよね。
一年分の水垢を落とすというのは、なかなかしぶといものです。

こんな感じで、私の心にこびりついた水垢のような汚れを落とすのも
大変なのだなあと思いました。

しかし、要するに落とそうとすれば落ちるということです。
カビキラー、マイペット、マジックリンのような強烈なお祈りと、
ゴシゴシ磨く実践さえすれば、落とせない汚れはありません!

ところで、心の汚れというのは、どうやって見つけるのでしょう・・・
そうです。御言葉を聞くことで見つかっちゃいます・・・。

神様から見たとき、人間はけっこう知らぬ間に、汚れた考えと行動をしてしまっています。
それを「罪」とも言います。水垢のようなものですね。
これをきれいにするためには、マジックリンとかの前に「水」が欠かせないですよね。

「悔い改める」ことが、水できれいにすることと同じです。

私は摂理に来る前に「悔い改め」をしたことありませんでした。
神様のことも知りませんでしたからね。
悔い改めよ!と言われたら、とりあえず断食して謝るのかなと思っていました。

でも、悔い改めはとっても大事です。
悔い改めないと、頑固な汚れになってしまうからです。
頑固な汚れになると、そこに汚れているのが当然というように、汚れが威張り始めます。
汚れなのに汚れが「俺が正しい」と言い始めちゃうんです。
そのままにしていると、明らかにそれおかしいでしょと周りの人がひそひそ話をしても、
ふんぞり返ってしまうのです。

これと同じく、神様から見たとき、それはおかしいんだよというものも
「おかしくない!これが生活だから!」と天の前で威張り散らしちゃうことになります。

イエス様が来られた時、ユダヤ人たちは、威張り散らしてしまいました。
悔い改めることをしないで、自分が正しいと主張して、絶対に曲げませんでした。
ユダヤ人たちはずーっと神様が来ることを待っていたのに、神様が来たら威張り散らしてしまったのです。
そして殺してしまいました。
殺してしまってそれでおしまいではありません。肉も霊もずっと汚れが取れず、ユダヤ人の歴史は汚れがとれないまま、
汚れによって苦痛を受けて、多くの民族的な艱難困難の嵐に遭いました。

それくらい、罪というのは怖いです。頑固になってしまったら、もう何が正しいとか考えなくなっちゃうのですね。

お風呂場の水垢たちは、私がみんな洗ってしまいました。
約2時間かかりました。時間がかかるものです。
私の中にある頑固な汚れは、残念なことにこの一年では、落とせませんでした。
しかし、気づけるようにはなりました。この汚れのせいで苦しむことも限りなく最小限に済むようになりました。

だから、続けてゴシゴシゴシゴシして、必ず落としてやろうと思います。
できれば、年末までに・・・!

大掃除はまだまだ続きそうです。
明日も頑張って掃除します!

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP