味を読む

くじら屋さんで学んだ「認識観」の転換

Pocket

IMG_9703[1]

じゃじゃん!人生初のくじら屋さんに行ってきました!

「くじら」って食べたことありますか?

私は小学校の頃に一度、給食で食べたかなあというあいまいな記憶だけが残っています。なので正直おいしかったのかまずかったのかも忘れていたし、人からくじらはそんなにおいしくない、と聞いたので、漠然と「まずいもの」だと思っていました。

しかし、ここで食べたくじらたちは、そんな漠然とした印象を覆すくらい、ものすごく美味しかったのです。

くじらの竜田揚げ定食@摂理の味

くじらの竜田揚げ定食@摂理の味


こちらはくじらの竜田揚げ定食。当店No3のおいしさです。

人気No1.のくじらのユッケ定食@摂理の味

人気No1.のくじらのユッケ定食@摂理の味

こちらは人気No1のくじらのユッケと、くじらのから揚げ丼。めちゃうまかったですよ!!

 

私は、漠然と人づてに「まずいのではないか」と思って嫌がっていたし、生はお腹壊すんじゃない?と言われてやめようかとも思ったほどでしたが、お腹も壊さなかったし、まずいどころかとてもおいしく、しかも安いです!!!(価格も認識の転換になりました)このNo1の定食メニューはなんと650円!?

さらにくじらって捕鯨しちゃダメなんじゃないんだっけ?と思って店員さんに聞いてみたら「捕鯨しても大丈夫」なんだそうです(;´∀`)日本の周りでもくじらって泳いでるみたいで・・・とにもかくにも認識がくつがえされる時間となりました。結局実際に行って食べてみて聞いてみてはじめて認識が展開されるのだなと思いました。頭で考えるだけでは、認識は転換されないのだと思いました。

自分に対する認識、相手に対する認識もそうだと思います。

私は自分に対しても相手に対しても誤解ばかりしています。自分はこうなんじゃないか。他人はああなんじゃないか。口では言わなくても、勝手に頭がそう判断しているときがあります。しかし、「実際」はそうでないということが80%くらいを占めているのだなと感じます。私も最近気が付いたことがありましたが、自分を卑下する性格が昔からの悩みだったのですが・・・自分を卑下るすることで、実は知らぬ間に相手のことも卑下しているのだなと気が付きました。

ああ、自分って、そうだったんだーーーーー(;´∀`)と、自分に対する観をもう一度転換する時間になりました。別に自分を責める必要はないのです。気が付いたなら転換するチャンスですからね。認識を変えるためには、「実際」に会ってみなくちゃいけません。自分の「実際」・・・どうでしょうか。実はいい子ちゃんになってしまってはいないでしょうか。もしくはあまりにもネガティブちゃんになっていないでしょうか・・・。

実際を知ってこそ新しくなりますよね!くじら屋さんで、霊肉、味わい深いのひと時となりました(*´ω`*)

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP