味を読む

摂理の御言葉が胸に刺さる☆すべき時にしなければ・・・!

Pocket

Evernote Camera Roll 20150511 213033

 

すべき時間に行う人は平坦な道を行く人だ。だから、楽に行く。

すべき時間を逃して後で行う人は、登り坂を登る人だ。

だから、その分大変で、のろのろと行く。 鄭明析牧師の明け方の御言葉より

最近ことあるごとに、この御言葉が思い浮かばれます。

真心で何か準備するにしても、時間がなければ行うことができません。任されている仕事も、この「すべき時間」を逃すと、終わらせることに集中して、形式的になってしまいます。

平坦な道って、余裕がありますよね。平だから、回りも見て歩けるし、鼻歌もできるし、スキップもできるし、足に負担がかかりません。しかし登り坂はどうでしょう。膝に負担がかかります。平坦な道よりもすぐに疲れるし、息が上がります。鼻歌を歌う余裕もないかもしれません。スキップするとさらに膝が痛いです。前かがみになって腰も痛いです。荷物が普段の倍近く感じます。

するべき時間を逃すと、このように負担が大きいのだと感じざるを得ません。

最近私は22時を過ぎると無性に眠くなります。どうしようもないくらい頭がぼーっとして、気が付いたら違う世界へ行ってしまいます。だから何かを後回しにしてからやると、もう「遅い」のです。後回しする現在の自分と、後回しされた未来の自分は状態がまったく異なります。現在が20代なら、後回しされた未来の自分は80代のおばあちゃんと同じくらい体力が激減しています。

だから「すべき時」にやらなければならないのだなと痛切に思いました。

一日にしてそうなのだから、1年にしてもそうだし、100年にしてもそうなのだと思います。すべき時にできなければ、できないで終わるのです。やるとしても大変なのです。

今日もギリギリの投稿になってしまいましたが、うまく時間を収めてブログも仕事もプライベートもしっかり時に合わせて真心で行っていきたいです(*´з`)!!

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP