味を読む

『敵が飢えたら食べさせ、憎んだら愛しなさい』〜鄭明析先生の御言葉〜

Pocket

敵が飢えたら食べさせ、憎んだら愛しなさい。

その人があなたを敵として接しても、あなたは敵として接しなければ、

あなたは死から出てきて「義人」になり、「神様の誇り」になる。

神様と一緒に暮らして、

「神様のような心と考え」をもって「神様のような実践」をしなさい。

(鄭明析先生の御言葉より)

敵が飢えたら食べさせ、憎んだら愛しなさい。

この御言葉、どこかで聞いたことあるな?

しかし、わたしはあなたがたに言う。敵を愛し、迫害する者のために祈れ。(マタイによる福音書5:44)

しかし、聞いているあなたがたに言う。敵を愛し、憎む者に親切にせよ。 のろう者を祝福し、はずかしめる者のために祈れ。 あなたの頬を打つ者にはほかの頬をも向けてやり、あなたの上着を奪い取る者には下着をも拒むな。(ルカによる福音書6:27〜29)

数ある聖句の中で、もっともハッとさせられ、ギクッとさせられる御言葉です。

どうやったら敵のような、憎む相手を愛することができるのだろう・・・?

このような愛が存在することを、すでに2000年前にイエス様が教えてくださっていたのでした。

2000年前です。

今、先生もあの場所にいらっしゃりながら同じようにおっしゃいます。

 

敵が飢えたら食べさせ、憎んだら愛しなさい。

その人があなたを敵として接しても、あなたは敵として接しなければ、

あなたは死から出てきて「義人」になり、「神様の誇り」になる。

これをどんな気持ちで話すでしょうか・・・。

この世でもっとも偉大な母の愛だとしても、憎む相手を愛することって難しいですよね。

大事な子どもを奪った相手を愛することができるでしょうか・・・?

自分に悪口を言う人のことだって、許して愛することが難しいのに、先生は私たちにこのように御言葉を伝えられるから驚愕です。

神様の愛がどれほど大きいのか・・・

それを先生はご自身の生を通して見せてくださいます。

私達が人を裁いてはいけないのだとおっしゃいました。

様にゆだねなさいと。

無念なことも全て神様に祈りなさいと、おっしゃいました。

だから私達は自分の手で、武力でやり返してはいけません。

敵を愛して、敵のためにも祈ってあげます。これを先生がすでに実践されました。

その敵がもしも大変なことに見舞われたとしても、先生はその命が救われるように祈ります。

驚嘆です。そして私たちにこうおっしゃるのです。

敵が飢えたら食べさせ、憎んだら愛しなさい。

その人があなたを敵として接しても、あなたは敵として接しなければ、

あなたは死から出てきて「義人」になり、「神様の誇り」になる。

神様と一緒に暮らして、

「神様のような心と考え」をもって「神様のような実践」をしなさい。

何度読んでも、ハッとさせられる御言葉です。

 

いつもクリックありがとうございますT_T

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket

The following two tabs change content below.
麦わら
演奏することと、絵を描くことが好きです^^ 楽器はカホンを叩いています。普段はあまり大きな声を出しませんが、讃美するとすごい発声が良くて自分で驚きます^^;摂理の多様な”味”を毎日発信♪

関連記事一覧

Facebookページ

NEW POST

アーカイブ

BSアニメ

サウンドのお手伝いをさせていただきました^^

摂理 〜 紹介PV 〜

MUSIC

PAGE TOP