オヤビンとコブン

「希望を失うな」ミステリ編C④終


>>ミステリ編③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツキ
ミツキ
なあ、もう終わりにしよう?カキモト。
これ以上苦しんだって何もないし。

 

ミツキ
ミツキ
お前が生きてる理由もないだろ?
お母さんにもお父さんにも迷惑かけてるんだし。
飛び込んじゃいなよ。ねえ。

 

 

 

 

 

 

 


そうだ。飛び込め。

お前も。

 

 

 

はっ…

 

 

ミツキ
ミツキ
…夢…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツキ父
ミツキ父
おい、
ミツキは学校に行ったのか。
ミツキ母
ミツキ母
いえ、まだ降りてこないみたいで。
ミツキ父
ミツキ父
この前のいじめの話はどうなった。
ミツキ母
ミツキ母
相手のお母さまとお話しました。
幸い事態は大きくならない形でおさまりそうです。
ミツキ父
ミツキ父
そうか。
これ以上俺の顔に泥を塗られたら
溜まったもんじゃない。
ミツキ母
ミツキ母
…。
ミツキ父
ミツキ父
お前もお前だ。
なんでそうなるまで見放しておいた。
ミツキ母
ミツキ母
…私にも分からなくて。
ミツキ父
ミツキ父
ちゃんと見てないからだろ。
ミツキ父
ミツキ父
…今日は帰りが遅くなる。
ミツキ母
ミツキ母
ミツキ母
ミツキ母
あなた、最近帰りが遅くないですか。
ミツキ父
ミツキ父
ん?仕事だよ仕事。
こっちは毎日忙しいんだ。
ミツキ母
ミツキ母
…ほんとに仕事ですか?
ミツキ父
ミツキ父
…なに疑ってるんだ?
俺がいなかったら生活もできないくせに。
ミツキ母
ミツキ母
…!
ミツキ母
ミツキ母
あ、ミツキ、学校行くのね!
ミツキ父
ミツキ父
なんだその目付き
ミツキ
ミツキ
ミツキ父
ミツキ父
じゃ、俺は行く。
ミツキ母
ミツキ母
は、はい…
ミツキ
ミツキ
ミツキ
ミツキ
父さん
ライター忘れてるよ。
ミツキ父
ミツキ父
あ?
別にいらん。

 

…バタン

 

ミツキ
ミツキ
ミツキ母
ミツキ母
ミツキ母
ミツキ母
ミツキ…今日は…
ミツキ
ミツキ
ん?学校行ってくるよ。
ミツキ母
ミツキ母
…そ、そうなのね…!
ミツキ
ミツキ
…お母さん、昨日話したこと忘れてないよね?
ミツキ母
ミツキ母
…え…?
ミツキ
ミツキ
…学校行ってくる。

 

 

…バタン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わりだ、終わり。

 

 

 

 

そうだ、終わりにしよう。

 

 

 

 

 

 

カチッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「オヤビンさん!
ミツキくん来てました…!
今のところ大丈夫です!」

オヤビン
オヤビン
…とりあえず
今のところは
大丈夫みたいやな。
オヤビン
オヤビン
あとは放課後って
ところか…

オヤビン
オヤビン
ほんまは
やっと通った
面接やったけど…
オヤビン
オヤビン

せっかく学校の場所も
教えてもらったし…
オヤビン
オヤビン
もう、
神さんに委ねた…!

 

 

 

 

 

 

 

オヤビン
オヤビン
たしかこの辺りだったって聞いたけどなあ…
オヤビン
オヤビン
ん…?
オヤビン
オヤビン
なんか臭いな…

 

 

 

…見てこれ。

 

え、どうしたの?

 

朝ボヤがあったみたいよ。

 

え、ボヤ?

 

火を付けられてたみたい…

 

ほ、放火ってこと?

 

わからない…

 

 

オヤビン
オヤビン
…放火

 

 

ブッブー

また杯を取り、感謝して彼らに与えて言われた、「みな、この杯から飲め。
これは、罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流すわたしの契約の血である。(マタイによる福音書 26:27-28)

オヤビン
オヤビン
…ゆるすために流す、契約の血…?

 

 

 

 

 

 

 

 

キーンコーン…

 

コブン
コブン
(ふう、終わった…
とりあえず何事もなかった…)

 

ブッブー

「コブン、
とりあえず学校まで寄ってみたで。
大丈夫か?」

コブン
コブン
お、オヤビンさん…!!
コブン
コブン
(「わざわざ来てもらってしまってすみません。
無事に終わりました、今のところ大丈夫で…」)

カッ

コブン
コブン
あ、ミツキくん。
ミツキ
ミツキ
ん?
コブン
コブン
今日来てたんだね!
ミツキ
ミツキ
…なに、心配でもした?
コブン
コブン
…あ、う、うん。正直ね。
ミツキ
ミツキ
…。
コブン
コブン
でも、良かった。
またこうやって話せて!
ミツキ
ミツキ
…。
ミツキ
ミツキ
ねえコブン、今日
問題起こすって話したこと覚えてる?
コブン
コブン
…え?
ミツキ
ミツキ
もうさ、ひとつ起こしたんだ。
コブン
コブン
…え…?
ミツキ
ミツキ
これでさ、燃やしたの。
コブン
コブン
それ、ライター?
ミツキ
ミツキ
そうだよ。ゴミ燃やしてみたんだ。
コブン
コブン
ゴミ??
ミツキ
ミツキ
試しにどれだけ燃えるのかやってみたくて。
そしたらゴーゴー燃えてさ…
コブン
コブン
み、ミツキくん、それ、ほんと??
コブン
コブン
もしそうだとしたら
はんざ…

ミツキ
ミツキ
今日さ、家燃やそうと思ってるんだ。

コブン
コブン
…!!?!
コブン
コブン
それ、本気で言ってる…??!
ミツキ
ミツキ
どう思う?
コブン
コブン
どう思うって!!!
ぼく、まだ信じられないよ。
ゴミ燃えたのだって本当なのか…
ミツキ
ミツキ
へー信じてくれないんだ。
信じたくないんでしょ?
コブン
コブン
…だ、だって、そんなことしたら…
お母さんとお父さんはどうなるの!?
ミツキ
ミツキ
だから言ったじゃん
ツケを払ってもらわないとって…
コブン
コブン
え…。それってどうゆう…
ミツキ
ミツキ
俺、本気だよ…

 

 

 

 

シュボッ

 

 

 

 

 

 

オヤビン
オヤビン
なんやねん、
既読スルーかい。
オヤビン
オヤビン
はー久しぶりやのー
学校なんて。
オヤビン
オヤビン
オヤビン
オヤビン
(虐め、か…
たしかにそんなことも
昔はあったな…。)
オヤビン
オヤビン
それにしても
結構みんな下校したみたいやけど、
コブン遅いな。居残りか…??
オヤビン
オヤビン
でもさっき既読したしなあ…。
なんでスルーすんねん…
オヤビン
オヤビン
…まあええけど…
オヤビン
オヤビン
(…神さん、
今日は何も起こらんこと
信じとるで…)

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさん

 

おじさん…っ!!!

 

…!??

 

 

行かないと…

 

行かないと…っ!!!

 

 

オヤビン
オヤビン
…え?

 

 

 

 

ドクン

 

ドクンッ…

 

 

 

 

 

 

 

 

コブン
コブン
ミツキくん、
ほんとに…ほんとに火事起こしたの?
ミツキ
ミツキ
うん、起こしたって言ってるじゃん。
実際に見てみる?
まっ黒焦げだったなー
コブン
コブン
…ねぇ…ぼく
ミツキくんのこと分からないよ。
何がそんなに苦しくて
ミツキくんをそうさせちゃったの?
ミツキ
ミツキ
…何が…?うーんなんだろうねえ…
ミツキ
ミツキ
俺さ、もう全てがどうでもいいんだよね。
コブン
コブン
え?
ミツキ
ミツキ
もう、諦めたの、全部。
コブン
コブン
…諦めた??
ミツキ
ミツキ
何も変わらないから。
これで変えてやろうと思って。
コブン
コブン
だ、ダメだよ!!
そんな形じゃ何も変わらないよ!!
むしろ悪くなっちゃう!!
コブン
コブン
もっと違う形で
変えていこうよ!!
ミツキ
ミツキ
へー
どうやって変えるの?
コブン
コブン
とりあえず、諦めない!!!まずは…!!!
ミツキ
ミツキ
ふっ…意味わかんない。
コブン
コブン
コブン
コブン
ぼ、ぼくもね、
昔は諦めそうだったんだ、現実に…
ぼくの両親離婚してるんだけどね
コブン
コブン
別れる前後は
ほんとに辛くて…
なんかもう泣くことしか出来なくて…

これからどうなってしまうんだろうって
子供ながらに不安だったし
何も変わらないんじゃないかと思った…

コブン
コブン
でも、でもね!
諦めないで希望を持っていたら、
大切な友人にも出会えたし、
不思議な出会いもあったし、
お母さんとのわだかまりも
ちょっとずつ解けてきたんだ…!!
コブン
コブン
だからさ、だから
ミツキくんも諦めないで…
ミツキ
ミツキ
一緒にすんなよ。
コブン
コブン
…あ、いや、もちろん、
一緒になんて思ってないよ!
でも、今決断を下すのは
早いというか!
ミツキ
ミツキ
もう遅いんだよ。
あとは真っ逆さま
ひたすら真っ逆さま…
コブン
コブン
…え。
ミツキ
ミツキ
希望も糞もねえんだよ。

タッ…

コブン
コブン
待って!!
コブン
コブン
待ってよ!ダメだよ!!!!
絶対に後悔する!!!
ミツキ
ミツキ
後悔なんてしないから。
コブン
コブン
…でも!!!!

 

コブン
もうおしまいにしたいんだ。
じゃないと、俺はもっとおかしくなる。

 

 

誰一人
まともに向き合うこともない…

 

 

こんな世界…

なくなってしまえばいい…

 

 

…神様…

ぼく、どうしたら…

 

 

 

 

 

カッ!!

オヤビン
オヤビン
コブン、
あいつがミツキか…?
コブン
コブン
お、オヤビンさん!?
オヤビン
オヤビン
…なんや揉めてる声が聞こえて…

 

…急いで…!!!

オヤビン
オヤビン
…ん?

 

 

オヤビン
オヤビン
…え…??

 

 

 

ミツキ…

 

 

 

 

ミツキ…
絶望しただろ?

 

 

お前の両親にも…

 

この世の全てにも…

 

だから、もう終わらせよう。

燃やしてしまおう。

 

 

…ダメだ!!

 

 

そして

お前自身も…

 

 

 

 

 

 

ガッ!!!

 

ミツキ
ミツキ
!!!
オヤビン
オヤビン
ミツキ…!!
これ以上
罪を犯したらあかん。
オヤビン
オヤビン
神さんは
それでも、それでも
申し訳ないってゆーて
戻ってくることを
願っとるんや!!
オヤビン
オヤビン
なんとか
それでもギリギリを繋いで
戻って来いってゆーてんのや!!
オヤビン
オヤビン
それ以上行ったら
もう誰の手の届かんところにいく。
オヤビン
オヤビン
行ったら本当に
終わりや!!

 

 

オヤビン
オヤビン
…?
ミツキ
ミツキ
…別に俺、終わりでいいんだけど…
ミツキ
ミツキ
終わりにしたい。
ミツキ
ミツキ
生きててなんの意味があるんだ。
オヤビン
オヤビン
…!
ミツキ
ミツキ
答えろよ!!

生きてて
何の意味があるんだ!!!??

 

 

 

生きていて…ッ

なんの…っ!!

なんの…っ!!

コブン
コブン
やめてミツキくん!!!

ゴッ!!

 

 

 

・・・!?

 

生きる意味も分からず

知らずに生きる人たち…

 

 

自分のことも

他人のことも

 

知らなくて殴り

知らなくて蹴るのだな…

 

 

 

 

その苦痛を
永遠に受けてしまわないために
私が背負ったのだ…

 

 

ああ…また…か…

 

 

 

また犠牲になるんか…

 

 

 

 

罪のゆるしを得させるようにと、
多くの人のために流す
わたしの契約の血だ。

 

 

コブン
コブン
ミツキくん!!もうやめて!!!
コブン
コブン
ミツキくん!!!
ぼく、分からないことばっかだよ。
どうしてここまで
ミツキくんがしちゃうのか!!
コブン
コブン
でも、話してくれないと
分からないよ!
コブン
コブン
話してくれないと
その苦しみが理解できない!!!
コブン
コブン
だから話してよ。
殴らないで、蹴らないで
言葉で話してみてよ!!!
ミツキ
ミツキ
…うっるせぇな!!!

ドッ!!

 

 

 

 

 

 

 

もう遅い。

 

 

手遅れだ。

 

 

放っておけよ。

 

 

 

俺のモノなんだ。

 

 

 

違う…

 

私がいるのではないか

 

 

?!

 

オヤビン
オヤビン
絶望するなミツキ…
全てを投げ捨てるな…
オヤビン
オヤビン
自分の人生も、他人の人生も投げ捨てるな。
オヤビン
オヤビン
お前のものやないやろ?
お前が奪うんか?違うやろ…?
オヤビン
オヤビン
掴もうとする存在がおることを、どうか忘れんでくれ…。お願いや…

 

 

 

 

 

 

…お願いや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなた…

 

 

落胆するな。

 

 

がっかりするな。

 

 

失望するな。

 

 

 

消え去るな…!

 

 

 

 

 

あなたが”線”を
完全に超えるまでは…

 

 

 

 

私が

 

 

 

私が掴んで離さない。

 

 

 

 

あなたは

 

 

私のものだ…

 

 

 

 

 

 

 

もう、止めるなよ

お願いだから…

 

 

 

 

タッ!!

コブン
コブン
ミツキくん!!

 

 

 

 

 

タタタタタッ

 

もう

 

 

もう…っ

 

終わりにしたい…!!

 

 

 

 

 

生きても希望がない…っ!!!

 

 

 

 

 

タッ!

 

 

…本当にそうなのか?

 

はぁ…はぁ…

 

 

 

 

 

 

本当に

終わりにしたいのか…?

 

 

 

 

 

 

 

本当は

探しているのではないか…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え…

 

 

 

 

 

 

 

 

希望がないのではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

希望は必ずある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私があなたを導くから…

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度

戻ってきなさい… 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コブン
コブン
…あいたた…
ミツキくん、、 どうしただろう…
オヤビン
オヤビン
う…うう…
コブン
コブン
お…
オヤビンさん!!
大丈夫ですか?!!
オヤビン
オヤビン
うーん、 頭が痛いな…
オヤビン
オヤビン
ほんで、フラフラする…
コブン
コブン
そりゃそうですよ!!
あんなに殴られたんですから!
オヤビン
オヤビン
大丈夫大丈夫…
オヤビン
オヤビン
ちょっとほな
面接会場に…
コブン
コブン
え、面接会場??

 

 

 

バタンッ

 

 

コブン
コブン
お、オヤビンさんっ!!?
コブン
コブン
え、え!オヤビンさん?!
わ、ほんとに?!ほんとに??!!
わあーー神様ぁあぁっ!?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

憎しみ

 

悲しみ

 

苦しみ

 

誤解

 

絶望

 

 

その
全てを背負って
私は行く

 

 

生きてほしいから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたを
愛しているから

 

 

 

 

 

 

…!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミステリ編C終

>>あとがき

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪麦わらさん専用LINEも作ってみました。(友達追加が必要です)お問い合わせ・感想はLINEでもどうぞ![プロフィール詳細はこちら]

コメントを残す