オヤビンとコブン

祝アニメ化!社会問題と向き合う- オヤビンとコブンに込めた願い –


みなさんんんん・・・・

オヤビンとコブン〜社会問題と向き合う〜 が

アニメ化しましたよおおおおおお!!!!!!!!

ひゅ〜〜〜〜〜〜!!!!!

オヤビン
オヤビン
お、ついにわしらもアニメデビューか!!
コブン
コブン
おおおおお!!!!ぼく、動くんですね!!!
麦わらさん
麦わらさん
はい!動いています!・・・が、正式には、私の画力が足りず、スルスル動けないんです、はい。
オヤビン
オヤビン
な、なんやて!??アニメなのに!!!
麦わらさん
麦わらさん
あ、いえ!でも、最大限動くところは動きます☆←
そして映像としてはかなりクオリティ高いです☆友達のリリーちゃんがす〜〜〜ばらしく映像にしてくれました!!!
コブン
コブン
わあ〜〜〜夢見たいです!!!早く見たい!!
麦わらさん
麦わらさん
うん!音楽もついて、文章で読むよりも味が出てオヤビンとコブンの魅力が最大限引き出されてるんですよ!いやあ、まさかアニメ化するなんて夢にも思ってませんでした!
オヤビン
オヤビン
ほお〜ほんで?どんな経緯があってアニメ化したんや?
麦わらさん
麦わらさん
ふふふ、気になるでしょう〜〜!もうね、奇跡ですよ奇跡。なんというか神業ですこれは!
コブン
コブン
かかかか神業ですか!!!?何それ!?!?
麦わらさん
麦わらさん
まさに、感動くだっちゃったやつですね☆
オヤビン
オヤビン
意味わからんぞおい。

 

ということで「オヤビンとコブン 社会問題と向き合う」がアニメになりました(T_T)

皆さんの応援と、天からの応援、どちらも受けて、まさかこのような形で物語たちが再創造されるとは夢にも思いませんでした。本当に心から感謝します。

ここでは少し、オヤビンとコブンに込めた経緯なんかを話したいと思います。

興味ない方はズバーっと抜かしてもらって、
一番下にYouTube載せますので、是非アニメ観に来てくださいね\(^o^)/

オヤビンとコブンに込めた願い

私がオヤビンとコブンを描き始めたのは2016年の1月。
毎年、年の初めは神様に栄光を帰そう!ということで様々な芸術祭を行いますが、
その時に作った作品が「神様を笑かしたい」という映画でした。

参考記事「映像制作。今回は関西弁の主役で栄光を!」

ここに書いてあるとおり、オヤビン役を麦わらさん自らが行い(笑)
教会のメンバーと楽しく楽しく、それは楽しく制作していました。

この頃から私には夢ができました。それが、
オヤビンとコブンを通して御言葉を伝えるシリーズを書きたい。
当時は映像でそれができないかと思っていましたが、いろいろあって映像チームも解散し、
みんなで作ることは難しいなと思いました。

そしてブログでちょこちょことオヤビンとコブンを使って、
聖書の話を噛み砕いて書いたりして、これはこれで夢の実現だと思って楽しんで描いていました。(参考記事:マンガ聖書

やがて、さらに神様の愛と心情を伝えたいと思って、
ついには社会問題に手を出し始めた麦わらさん。

しかしこれが実のところ、
もっと大きな夢の実現に近づいたのでした。

物語を書く行為

ブログに何度も書いている通り、私は昔から物語を書く行為を繰り返していました。
なぜ書くんですか?と聞かれるとうーん・・・
きっと自分の感じたことを幅広く表現できるから、だと思います。

小学校の夢は漫画家でした。
その頃から物語を書くことに楽しみを見出していたんですね。

高校時代に、とあるゲームに出会ってから、物語の深さを知り、
大学生になってから現代の闇を捉えて、見えた問題点を物語として消化する、という行為に
目覚めはじめました。

そしてある事件をきっかけに、さらに想いが募りました。

希望を伝えたい

2008年、秋葉原無差別通り魔事件が起こってから、
私は人生について深く考えはじめました。

ーなぜ赤の他人に殺されなければならないのだろう?
ー人生は何のためにあるのだろう?
ー理不尽にもほどがあるのではないか?

そして犯罪者の心理を学び始めて到達した答えが、

ー犯罪者ですら被害者でもある。

という衝撃的な事実でした。

それから少しずつ、日本の謳う「平和」が嘘なのだと気づきはじめました。
日本は平和だというが、もちろん戦争はないという意味では平和だけれども、違う。
本当は地獄なんだなって思ったんです。

そして自分なりに社会問題と向き合うようになりました。
報道(マスコミ)について、情報化社会について、死について、孤独について
当時いろんな視点から現代の歪みを捉え始めたんですね。
そして向き合う分、絶望を感じました。

しかし人間とは不思議な動物で・・・←
絶望を知るほど「希望」を伝えたいとも思うようになりました。

せめて私は「生きる希望」を発信しよう。

ところが私が作り出す希望は、自分をただ慰める程度の希望に過ぎませんでした。
それから不思議な出会いの連続で、聖書を学び始めることになったんです。

本物の「希望」を知る

さあ、聖書を学んで何を知ったでしょう?
まさに本物の「希望」を知りました。

それが何でしょうか?
ー「神様」です。

もう一度言いましょうか。

「神様」です。(どや)

神様の目線で見た時、
絶望を抱くしかなかった現代に、光が灯りました。

全部「神様の目線で見てこそ解ける」
これが聖書を学んで見つけた最大の答えでした。

でも当時はもう物語を書くことはもうしないぞ!って思ったんです。
聖書が最高のシナリオやん!何をこれ以上書く必要があるの!?と思ったからです(笑)

 

ところが・・・なぜか今物語を書いてますね・・・。
しかも、大学時代、一番絶望してしまった社会問題をテーマにしながら、
オヤビンとコブンを通してマンガを書いている・・・。

すべての夢が叶う瞬間でした。

オヤビンとコブンに込める願い

2018年11月から書き始めて早7ヶ月が経ち、すでに5作品を書きました。
まさかこんなに続くとは思わなかったし、
ホントは少女編(虐待を扱った作品)の一話で、完結させて終わろうと思っていました。

でも情熱が冷めませんでした。
書きたいことがどんどん思い浮かんでくるんです。

大学時代に向き合った問題たち、
情報化社会によって嘘と真実が見分けられず表面的な感情にとらわれる心理だとか・・・
個人主義によって生じた深刻な孤独死だとか・・・
家族問題によって歪んだ心が犯罪にまで及んでしまう悲しい現実だとか・・・
こういう問題達全部書きたくなってしまったんです。

親が子供を、子供が親への虐待が繰り返され、
過労死によって命を失う痛ましい事件の数々、
酷いいじめによって不登校や自殺に追い込まれる命・・・

これが現実じゃないですか。

これが日本の現実。

自分の生活が幸せなときは、こういう問題は違う世界のことのようですが、
人生は交差しているから、いつどんな事件事故に巻き込まれるかわかりません。
また、自分の職場や家庭がいつ歪み始めるか分かりません。

そうなった時、
私は元気に健康的に生きる自信はないなと思ったんです。
私も「死ぬかもしれない」「殺すかもしれない」「いじめるかもしれない」

でも、神様を知ったら変わると思います。
神様はとにもかくにも「愛」なんです。

「現代には希望がありません。」

先生がそうおっしゃった時、心からうなずきました。
でも「永遠に存在される神様」について知ったら、本当に希望です。

私はそんな神様について、
オヤビンとコブンを通してなんとしてでも伝えたいのです。
これが私の希望だからです。

オヤビンとコブンが何でしょうか?
ただの人間です。

でも、純粋で素直で健気な人間です。

ひねくれたくなる現実世界の歪みとぶつかっても
オヤビンとコブンは神様を知ることで乗り越えていきます。
泥臭くても、神様が真理だとおっしゃった道を彼らはなんとしても歩んでいく姿を、
私は描きたいみたいです。

もっと難しい問題に彼らはぶつかっていきますが、
神様が共にするから、主が共にするから、
辛い中にも希望があります。

希望が皆さんの中に入るようにと、願いを込めて、続けてアニメと本編制作に打ち込んで参ります\(^o^)/

・・・本音のところですね、アニメの追加イラストと、音響、絵コンテ・・・
本編のシナリオ、イラスト、構成・・・・
10倍やらねばです、ええ。。。
10倍!!!いや頑張ります!!!!

今しかできないから!
今、楽しんで描いて未練も後悔もなく走ってまいります!!

いつも応援してくださって、本当にありがとうございます!!

では、アニメお楽しみに〜〜!!

 

少女編①「わしにできることは−前半−」

マンガ本編はこちらから♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪麦わらさん専用LINEも作ってみました。(友達追加が必要です)お問い合わせ・感想はLINEでもどうぞ![プロフィール詳細はこちら]

コメントを残す