オヤビンとコブン

「解くためには…」ミステリ編A④


>>ミステリ編A③

   

 

 

家族の問題は、

誰も立ち入ることができないのか…?

 

 

 

そうではない。

 

タタタタタタッ!!!

コブン
コブン
み、見てください!!!
オヤビン
オヤビン
…!!
オヤビン
オヤビン
お、おい!!!
オヤビン
オヤビン
それ、しまわんか、、
なあ?!
男
…。
…お前がそうしろって言ったんだろ??
オヤビン
オヤビン
…!?
な、何ゆーてんのや…
コブン
コブン
オヤビンさんはそんなこと言いません!
それよりもそのナイフ、しまいましょう?

何があったかわかりませんが、犯罪は絶対しちゃだめですっ!!

男
…は?どっちが犯罪だよ。

 

 

誰も助けてくれなかったじゃないか。

誰も…

 

オヤビン
オヤビン

…!!

(この、黒いやつ…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…みんな、同罪だ。

 

 

 

 

 

 

 

あなた、見えるのか…?

心の叫び、心の傷…

 

私はあの子をずっと見てきた。

助けようと働きかけた。

しかし、どうすることもできなかった…

 

 

 

 

…私は今でも助けたい。

 

オヤビン
オヤビン
…!!!

 

助けたいのだ…

サタンに縛られている、彼を…

 

 

…なんで…

ボコボコになってんのや…

 

 

だから解かなければならない。

 

 

 

 

 

せやから、背負うんか…?

 

ガッ !!!

 

 

 

 

霊を救うために…

 

 

 

 

 

 

 

 

わしは…

どうしたら…

 

 

 

 

 

 

おじさん…
怖がらないで。
ぼくが責任をとるから…

 

 

 

 

 

 

愛で 解こう…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オヤビン
オヤビン
お前、
ボロボロなんやなあ…。
は?
オヤビン
オヤビン
何があったかわしには分からんが、ナイフ持たなあかんほど追い詰められてるんやな…。
男
だから、これはお前が…!
オヤビン
オヤビン
わかった!その通りや!!
…!
オヤビン
オヤビン
そのナイフ、わしが渡してたんやったな!
嘘ついてすまんかった!脅すように指図したのはわしや。
コブン
コブン
え、オヤビンさん…

違いますよ…

オヤビン
オヤビン
違くない。
そうやろ?
…。
オヤビン
オヤビン
ほな、そのナイフわしに返してくれ。
オヤビン
オヤビン
そんなん持ってたら疑われるやろ?
…わしに返した方がええんとちゃうか??
コブン
コブン
オヤビンさん!!
そんなことしたらオヤビンさんが!!
オヤビン
オヤビン
ほれ、渡せ!
そうしないとお前が捕まっちまう。
オヤビン
オヤビン
渡すんや…!!
な、何言ってんだよ…

 

 

オヤビン
オヤビン
なぁ…
オヤビン
オヤビン
お前のこと神様が
子供の頃からずっと見ていたそうや。

…ほんでな、お前のこと助けたいって
今でも思ってるそうや。

ボロボロのお前を…

 

 

 

あなた…

 

 

戻ってきなさい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

警察
警察
おいそこ!!何やってるんだ!!!
…!!!
くっ!!

 

タタタタタッ…

 

 

 

 

 

 

 

 

神さん…

 

 

解かれたんやろか…

 

 

 

 

 

 

 

 

オヤビン
オヤビン
…はぁ、散々だったの。
あんなに取り調べさせられるとは。
コブン
コブン
…は、はい。
オヤビン
オヤビン
でも幸いあの警察来てくれたから
話が早かった。
コブン
コブン
「だからグラサンは危ない」って言ってましたね。
オヤビン
オヤビン
今回グラサンのせいでこうなったんやないのにの…
コブン
コブン
結局、あの人じゃなかったんですね、
殺害予告…。
オヤビン
オヤビン
そうみたいやな…。噂だけは知ってたみたいやけど…。
コブン
コブン
あの人、今後どうなっちゃうんだろ…。
オヤビン
オヤビン
もし病気してたら、医療に繋げてもらえるんやないかな…。

それだけでは、解決せえへんかもしれへんけど…。

コブン
コブン
…。
コブン
コブン
…それにしてもオヤビンさん、どうしてあんなこと言ったんですか…?
オヤビン
オヤビン
あんなことって?
コブン
コブン
ほら、ナイフのこと…
オヤビン
オヤビン
ああ…。

 

 

 

…愛で解かないといけない…

 

 

オヤビン
オヤビン
ようわからん、ようわからんけど…

 

 

 

 

 

 

…わしは今日、何を見たんや…。

 

 

 

オヤビン
オヤビン
…。
コブン
コブン
オヤビンさん、大丈夫ですか?顔色が悪いような…
オヤビン
オヤビン
気のせいやろ!それよりもコブン、かばってくれて助かったで。ありがとうな。
コブン
コブン
え?!あ、いやいや、だってホントのことじゃないですか!
オヤビン
オヤビン
ま、そやな!
コブン
コブン
そやなって(笑)
オヤビン
オヤビン
いやあしかし、あのままナイフ受け取ってたら、本気で捕まってたかもしれへんな、ははは!
コブン
コブン
ちょ、そこ笑うとこじゃないでしょうーー!?!

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、あの噂はあっという間に忘れ去られた…。

元々何もなかったかのように、

今は誰もその話をしない。

 

 

 

でも、忘れてええんやろか…。

 

 

 

彼は今、

どうしてるやろか…。

 

 

 

 

オヤビン
オヤビン
そういえば、結局あの子供の言う通りになったの…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>ミステリ編B

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


ABOUT ME
麦わら
麦わら
東京都民。カホンを叩いたりイラスト描いたりして過ごしています。セツリの味を多様にお伝えしています♪麦わらさん専用LINEも作ってみました。(友達追加が必要です)お問い合わせ・感想はLINEでもどうぞ![プロフィール詳細はこちら]

コメントを残す